音楽

東広島芸術文化ホール「くらら内覧会」に参加してきました!着物で(^_^)v 4月27日午前 ①

4月にオープンする東広島芸術文化ホール・くららの内覧会に運良く当選!本日参加してきました。大ホール、小ホール、楽屋、レコーディングルーム、和室、調理室、レストランなど回って設備の説明をしていただきました。

まずは大ホール。入った瞬間、木の香り(確かヒノキ)  がぷ〜ん・・・床も椅子も壁も木に包まれたクラシカルなムードで日常と隔絶された気分!1,206席で大き過ぎず客席とステージが一体感に包まれる感覚です。早速4月8日こけら落とし公演(日本フィル)で予約した17列に座ってみましたが、程よい距離感でとっても良い席でした。後ろの方でも充分です!豊かな響きを期待しています。 
162271162278
木を用いた側面反射板が特徴!
162276
ホールスタッフさんによる見事なピアノ演奏!ホールの響きを確認。
162277
スタインウェイ・アンド・サンズ D274 価格。昨日納品されたばかりだとか!
162273
スタインウェイ(スタンウェイ)にタッチ!ソ〜♪っと(*^-^)
着物でタッチしたのは私が最初のはず☆~(^-゜)v
1622710
舞台裏・音響装置拝見!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東広島芸術文化ホール「くらら」 平成28年4月のこけら落としが楽しみ!小林研一郎、千住真理子、仲道 郁代というビッグネームが(◎´∀`)ノ

わが町西条駅前に東広島芸術文化ホール「くらら」が平成28年4月、いよいよ会館!

杮落としは4月8日(金)小林研一郎指揮、日本フィルハーモニー交響楽団、千住真理子のヴァイオリン!!! (◎´∀`)ノ 。4月16日(土)の ピアノ開きは仲道 郁代、だそうです。絶対行きたい!どっちも。
曲目はまだ分かりませんが、待望の記念すべきコンサートです。これを皮切りに内外のオーケストラやソリストの演奏を聴ける様になると嬉しいです。もちろん地元・広島交響楽団の演奏が増えることを期待しています。
着物でクラシックコンサートって企画もいいですね(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テノール歌手 三木貴徳 FM広島ゲスト出演!

明日12月11日(日)朝9:00〜9:55  広島FM放送クラシック・ホリデー にオペラ歌手・三木貴徳出演!先週に続き2週連続のゲスト出演です。平井堅なんて歌っちゃうらしい!  応援してるよ。収録だろうけど・・・。
三木貴徳のブログ
小袖庵の従兄弟ですよ〜shine。他人から見ると似ているらしい、歌声以外は。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Xイクサライブ良かった!

 東広島西条の賀茂輝であったXイクサライブ(ヴァイオリンとハープのコンサート)すご〜く良かった!バッハ、クライスラー、エルガーなどのメジャーな曲はもちろんだけど、普段は耳にする事のない現代曲が3曲入ってて以外と言っては何だけど、不思議な感動を覚えた!これが生演奏の魅力です。
 ヴァイオリンとハープというと甘い音色を思い浮かべるけど、こんなのあり?と思うような色んな音の出し方があって、おもしろいものですね。一つ一つの音をとても大切にしていて、音の雫をポンと浴びるような不思議な感覚を覚えました。今回は市のトライアル事業の一環で無料でしたが、また西条で演奏してくれることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世間は狭い!広島交響楽団クリスマスコンサート

 着物とは関係ない話ですが、昨年12月24日に広島交響楽団のクリスマスコンサートに家族4人で行ってきました。ファミリーコンサートなので、楽団員の仮装あり、パフォーマンスありの和やかなものでした。でもやっぱりプロのオーケストラの音は良いものですね。久しぶりのクラシックの生演奏に「オーディオで聴いてるばかりじゃダメだなー」と感じています。
 で、演奏中にとりわけキャラが立っていたヴァイオリニストがいて、演奏しながら隣の奏者とニコニコとアイコンタクトとってたり、終始笑顔でやたら明るいので、すごく印象に残っていたんです。コンサートの後にも妻とその話題になったりして。
 で、話は飛びますが、毎年年末に会う東京在住の友人がいるのですが(19年前、小田原の百貨店勤務の時に知り合った 広島出身)、今年1月2日に彼としゃべっていて私がクラシック好きだという話をしたら、「俺のいとこに広島交響楽団のヴァイオリン奏者がいるよ。山根啓太郎って言うんだ、ホームページ見てみたら」と言うので、ビックリ! あの時の明るいヴァイオリニストと私の友人のキャラクターが急に重なってきて「似ている!annoy」ビビッときたんです。もしかしてあの時の!?・・・   早速調べてみたら、大正解!驚きました。世間は狭いですね。またコンサートに行く楽しみが増えました。
 (山根さんのブログにコメントしました)
 で、やっぱり着物に結び付けますが、毎年、オーストリアのウィーン楽友協会であるウィーンフィルのニューイヤーコンサートでは着物姿の日本人の方を必ず何人も見かけます。気分がいいでしょうね。私も1度でいいからやってみたい!
 なにもウィーンじゃなくても着物でクラシックコンサートなんていいですよ!特に新春は。fuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)