趣味

組香(香道)体験  三次の広島県立歴史民俗資料館にて

昨日は「みよし風土記の丘ミュージアム(広島県立歴史民俗資料館)」に寄って組香にチャレンジ!今回は4回香が回って来て、何番目と何番目が同じ香なのか判断するもの。伊勢物語の帖名で当てます。風雅ですね〜(o^-^o)

「香の違い位分かるだろう」なんて思っていたのですが、1回目、2回目、3回目と回って来ても区別がつかない(゚ー゚;・・・こんなに難しいの?と思いつつ答えを記入。悩みつつ1回目と3回目を同じと判断しました。そして答えは「1、2、3とも同じで、4回目のみ違う香」・・・が〜ん(@Д@;どうりで区別がつかないはず!いずれにしても、これはかなりの熟練が必要のようです。
3
1回1回結果を記入して残すそうです。
苗字ではなく下の名前を記入。男性は漢字、女性はひらがな、但し平仮名に濁点や「こ」はつけないので、「のぶこ」➡︎「のふ」
1
6
香木を入れる「志野袋」。季節の花を象っています
写真手前左:梅 右:桜 中央:アヤメ 後方左:藤 後方右:蓮 
雅ですね〜(o^-^o)
2
雛飾りも! 
旧暦では今年4月9日が桃の節句なのでOK!
5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスリースづくり  今年も賑やかにしました!

 毎年恒例になってるクリスマスリースづくり、私の妻を含めて5人くらいでワイワイガヤガヤと2時間程度でステキなリースができました(o^-^o)。材料はすべて講師が用意してくださったもの。全部家の近くで採取されたそうです。素晴らしい!
 毎年我が家では妻が作ったリースを玄関に飾っています。昨年のリースでも充分使えるくらい良い状態ですが、早速新しいリースを飾るみたいです(o^-^o)。
1411christmaswreath Christmas wreath

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月用の生け花

いと善2階で、27日に生け花教室(午前)とフラワーアレンジメント教室(午後)をしました。講師は西条プラザでお煎茶教室をされている松村先生。定期的ではないけど、クリスマス前や正月前には馴染みの皆さんが集まって楽しそうにされてます。今回は正月飾りで「正月が楽しみ!」と皆さんおっしゃってました。

やっぱり女性は花が好きなんですね〜tulip
男性だってキレイな花があると嬉しいですよhappy01
1212ikebana1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラシックに合うヘッドフォン

 クラシック音楽に合うヘッドフォンがずっと欲しくて、昨日ついにオーディオテクニカのヘッドフォンATH-A1000Xを買った!以前デオデオさんのCDコーナーでモーツアルトのクラリネット五重奏曲K581のCDを買った時に、そのままヘッドフォンコーナーに持ち込んで色々聞き比べてみると、これより上位の機種よりも音がクリアーで断然良い!(と言うか自分の好み)。値段が高額なので即決はせず、更にたくさんの機種を聞き比べる為に昨日広島のデオデオ本店に行ってみたんです。するとやっぱりATH-A1000Xが良い。断然欲しい!実は広島のデオデオ本店は昨日まで閉店セール(リニューアルのため)だったので、かなりの破格値になっていた!と言うわけで迷わず買ってしまいました(∧-∧♪)。

オーディオテクニカhttp://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=229

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煎茶教室

妻が教えて頂いているお煎茶の先生が4月から西条プラザ(東広島)で開講されることになりましたが、少なくとも最小必要人数には達っして晴れて開講とのこと。良かった!人として尊敬できる先生なので、いい教室になると思います。「日本礼道小笠原流煎茶」 
西条プラザ文化教室のページ→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東広島の煎茶教室 

東広島市の西条プラザ文化教室に煎茶教室が新たに加わったそうです!「きものde散策」の時にお一人で大勢の皆さんにお煎茶を点てて下さった先生です。穏やかで、本当に尊敬できる方なので、いい教室になると思いますよ。私の家内もずっと煎茶を教わっていて、お茶の入れ方には(ちょっとだけ)うるさくなってきましたhappy01
4月から第三金曜日
午後1時〜 だそうです。
Sencya


| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎朝お香を焚いてます

 朝、店に入って一番にお香を焚いてます。ほんのり柔らかな香りが広がって本当にリラックスできるので、ちょっとした楽しみにもなっているんです。以前は和のアロマテラピー的なものをしていたのですが、これは長時間蒸気で香りを発するものでお客様の中でも好みが分かれるものだったこともあり、しばらく止めていました。
 数分お香を炊いて、ほんのりとした残り香でお客様をお迎えする程度のものが一番良いですね。やはり伝統的なお香の使い方が一番良いということなのでしょう。

112kou


| | コメント (0) | トラックバック (0)

数寄屋袋つくり

 今日は和裁の先生に来てもらって、数寄屋袋(すきやぶくろ)製作中。 (店の2階で)
これまで古袱紗、楊枝入れ作りをしていますが、すこし手間の掛かる数寄屋袋です。裂は参加者の1人が提供してくださった昔の帯地を使っています、なかなか立派なものができるもんですね。私は参加してませんが、女性ばかり総勢6人でワイワイ楽しそうにやってます。
 ちなみに午前中はクリスマス用の生け花飾りをしてました。こちらも総勢8人でとてもお洒落なものができてました。

Sukiya1

Sukiya2


Hana0912

| | コメント (0) | トラックバック (0)

店内で生け花教室  

 今日は店内で生け花教室。妻が習っているお煎茶の先生がお花もされるので、月に1〜2回店に来て頂いて教えていただいてます。生徒は妻と母ほか。 (私はたまに横から見ているだけ)
 それぞれの色感覚や造形感覚で生けて行くのですが、「真っすぐなものがあれば、流れるものがあり、高いものがあれば低いものがある」など理論をまじえながら、先生の指導で徐々にバランスの良いものになっていくのがよく分かっておもしろいです。
 呉服の仕事でも店内をディスプレイしたり、ポップや案内状を作成したりするのに、それなりのレイアウトセンスが必要ですが、生け花の造形感覚ってとても参考になるなと思って見てました。
自分でも生け花をしてみれば良いのでしょうが、ここは妻に任せておきましょうhappy01Ikebana1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶道文化検定3級合格(平成20年)

 昨日、茶道文化検定3級の合格通知が届きました。全体の合格率は98,8%で90点以上が約80%という結果だそうです。殆ど茶道をされている方だと思うので、さすがの結果ですね。合格された皆さんおめでとうございます。また、4級で合格された方の殆どは同じテキストで勉強されているので、3級で受けても充分合格されていたでしょう。来年から受験される方は3級から受けられた方が良いと思います。
 
私が間違っていた問題は 問17: 茶壺の口を切って新茶を使い始めたり、風炉を片付けて炉を開く「茶人の正月」と言われるのは何月ですか? という問題      新茶の季節だと思い込んで5月と答えてしまいました。改めてよく読むと「炉を開く」と親切な大ヒントがありましたね。 答えは11月でした。

そういえば、NHKハイビジョン特集「京都 茶の湯大百科」が1月3日にNHK総合で再放送されていたので録画して見ましたが、茶道文化検定のテキストで覚えたことが随所に出て来て、映像なのでより分かり易くて面白かったです。 検定前にしっかり詰め込んでも、1ヶ月もすればかなり忘れてしまうので、こういうのを見ると忘れなくて良いです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)