浴衣 コーディネイト

男の浴衣コーディネイト 優華壇ゆかた+光源氏帯+注染鼻緒の下駄

浴衣の柄は将棋の戦法で「いざ!勝負」の形を表していそうです。分かる人には分かるらしい(^-^;

鳶色(こげ茶色)の浴衣にグレー地矢羽模様の角帯を合わせました。桐下駄の鼻緒は鳶色地に菊模様が染め抜きで入っています。緑色のぼかしがアクセントに!
166211
●優華壇ゆかた反物21,600円(税込)
166212
●光源氏帯7,020円(税込)
16621_3
●桐下駄9,720円(税込)
注染ゆかた生地を鼻緒に使った贅沢な下駄。
16621_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤井絞り浴衣+麻地冊子模様名古屋帯+からむし帯締(平田竹峰)+絽帯揚 浴衣を町着風に着こなす

浴衣は板締め絞り(藤井絞り)。くっきり抜けた菱模様がほのかな光を放っているようです。藍色の浴衣にはやっぱり白の組み合わせが最高!浴衣を町着風に着こなす名古屋帯のコーディネイトにしてみました。

麻地冊子模様染め名古屋帯に、平田竹峰・からむし帯締と水色の乱絽帯揚の組み合わせ。 帯締も青系統で統一しても綺麗ですが、ここでは自然な香色を合わせてみました。
※からむし=苧麻・高級な麻素材
16681
板締め絞り浴衣地(藤井絞り)反物108,000円
16682
からむし帯締21,600円(平田竹峰・江戸組紐)
乱絽帯揚12,960円
1668_2
麻地冊子模様名古屋帯
1668_3
会津桐下駄17,280円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浴衣コーディネイト 桜七軒浴衣反物+半幅帯+優華壇かご巾着+塗り下駄

浴衣は強めの色調で梅や波を表現した豪快なデザイン。帯は梅とかぶらない様に麻の葉模様の半幅帯を合わせました。浴衣の強さに負けない様に濃いボルドー色で。
少し暑苦しい色合わせになったので、ガラスの帯留で涼感をプラス。帯留の色は浴衣にも帯にもない藍色でアクセントにもなります。二分紐はあっさりグレーで。
籠は井登美・優華壇の浴衣地を贅沢に使った籠巾着です。
16621
・浴衣反物:桜七軒10,800円(税込)
1652
・半幅帯:5,940円(税込)
・ガラス帯留:れん4,104円(税込)
・二分ひも:れん3,240円(税込)
1652_2
・籠巾着:優華壇8,640円(税込)
1652_3
・塗り下駄:15,120円(税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男物 三勝浴衣反物×源氏物語角帯 明治の復刻柄で貴重な一枚です

浴衣は明治の復刻柄・水兵さんが描かれています。何を表しているのかよく分からないデザインなのですが、日本橋の三勝・浴衣美術館に行くと分かります(o^-^o)

紺地の浴衣にグレー市松模様の角帯をコーディネイトしました。下駄は色相を少し外して柳色(トーンの低い緑系 )の鼻緒。
1651
三勝浴衣反物41,040円(税込)    
165
源氏物語角帯8,640円(税込)
165_2
165_3
巾着1,620円(税込)
165_4
三勝・浴衣美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三勝浴衣反物(清水敬三郎監修)と八重山ミンサー 職人技の組み合わせです

清水敬三郎監修の注染浴衣反物は市中にほとんど出回っていない三勝の浴衣です。清水敬三郎氏は人間国宝 故・清水幸太郎氏のご子息で三勝の重鎮。染めを知りぬいた清水氏ならではのデザインと色感覚が冴えます。更に一流の職人による注染のぼかしが味わいを深めてます。

帯は伝統工芸品の八重山ミンサー(沖縄)を合わせました。山吹色が浴衣の紫によく映えます(紫と黄色系が補色)。
165181
165183
三勝浴衣反物48,600円
16519
八重山ミンサー 半幅帯29,800円
16519_2
かご巾着6,480円 
16518
桐下駄7,560円
16518_2
うちわ2,700円
三勝の浴衣地を利用した贅沢な団扇です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016・浴衣コーディネイト 5月8日 桜七軒×源氏物語×井登美

◎桜七軒ゆかた反物 10,800円(税込)・綿紅梅

◎源氏物語半幅帯 9,180円(税込)・綿

◎井登美かご巾着 8,640円(税込)

◎焼き桐下駄 10,800円(税込)

1651
1652_2
1653

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竺仙・浴衣+にしむら織物・紗献上(博多・八寸名古屋帯)

綿紅梅・型染め浴衣に紗献上(八寸名古屋帯)を合わせてみました。帯締、帯揚、半衿は白をベースに涼やかに、帯留でアクセント!足袋を履いて街着の着こなしです。

※実は当店の着用品です(*^.^*)。
1581
1582

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板締め調に染めた浴衣(井登美・優華壇)&博多献上・紗織りの半巾帯

板締め風に手捺染(てなっせん)された浴衣「井登美・優華壇」。パステルトーンの藤色と黄緑の交差が絶妙です。帯は浴衣に合わせて藤色の博多献上柄、紗織り。
博多帯は昔から夏冬区別なく締められていました。透けた素材の紗献上(八寸名古屋帯)が登場して真夏には紗というイメージが浸透してきました。半巾帯も紗の単衣を合わせれば、より涼やかな着こなしになります。
15831
1583 紗の半幅帯。
1583_2籠巾着「くろちく」。巾着部分は麻。
1583_3 桐下駄「大原商店」。鼻緒はシルク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竺仙の浴衣 絵羽風の柄付けになってます  夏の着物風に麻の名古屋帯で

竺仙(ちくせん)の絵羽風浴衣 

伝統的な長板の技法で染めた浴衣。生地は綿の乱絽で涼やかに。柳が生き生きと躍動し、裾は花筏(はないかだ)模様のアレンジです。
夏の着物風に絣模様の麻八寸名古屋帯を合わせてみました。
1561 1562

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浴衣コーディネイト 5月31日 源氏物語・紅型調(注染)

◎浴衣:源氏物語・琉球紅型調。

◎帯:麻八寸名古屋帯。 夏の小紋感覚のコーディネイト!
◎下駄:桐に杉の台。
◎籠巾着:アタバッグ。 南国のイメージでエスニックに合わせてみました!
155311
東京本染め(注染)
綿70%・麻30%
155312

| | コメント (0) | トラックバック (0)