茶道

「上田宗箇 武将茶人の世界展」じっくり見て来ました!

ひろしま美術館で開催中の「上田宗箇 武将茶人の世界展」見応えあった!「上田宗箇」のまわりには家康、秀吉など歴史を彩るビッグネームが揃ってて歴史ファンにとっても楽しめる内容です。千利休や古田織部の茶杓も展示してあって、歴史の息づかいを感じる。会場に再現された茶室(鎖の間)でのお点前実演は当時のものに忠実らしく興味深かった。武家茶道らしく、キリッと男性的でいいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は美味しいお茶が頂けそう

明日は定休日。頼山陽史跡資料館 (広島市中区袋町)であるお茶会の券を頂いたので、行ってこようと思います。とても立派な建物らしいので楽しみ。 美味しいお茶が頂けそうです。
近くのひろしま美術館では「上田宗箇 武将茶人の世界展」をしているのでこちらも行ってみたい!これは年末年始に東京の松屋銀座で先行して開催されたものですが、かなりの集客だったと聞いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都・桂窯にて楽茶碗作り体験!(淡交会青年部の研修)

 淡交会東広島青年部の京都研修ではお家元研修の前日に楽茶碗作りを体験しました。場所は苔寺にも近い「桂窯」で檜垣青子先生、檜垣良多先生から半日 手ほどきを頂きました。粘土を手捻りで大方の形にし時間を置いて程々の柔らかさまで乾いたところで道具を使って削っていく作業。これがなかなか楽しかった!楽しかったけど難しかった(当たり前だけど)。最初に900gの粘土で練っているものを形を整えながら400g以下にしていくわけですが、500g位までくると削りすぎて穴が空くのが恐くて、なかなか削れないんです。最後はギブアップして先生にお願いしてしまいました。と言うより穴を空けてしまったんですが、上手に仕上げて下さり一安心。釉掛け、窯入れはお任せですが、どんな風にできてくるのか楽しみ!上手下手の問題は全く別ですけど・・・coldsweats01
 作陶体験したのは10人くらいですが、おもいっきり削り跡を残しているもの、丸みを帯びた柔らかい印象のものなど、それぞれ性格が出ていて面白かったです。
桂窯ホームページ→
Raku1


Raku2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶道 お家元研修 

 昨日、茶道裏千家のお家元研修で「今日庵」のいくつかのお茶室を拝見させていただきました。「大玄関」「寒雲亭」「咄々斎」「溜精軒」「抛筌斎」などです。「抛筌斎」では薄茶席がありました。若いお弟子さんのお点前で、私は4客目に座っていたので点て出しでしたが、柔らかな口当たりで「結構なお服加減」というのはこういうことなんだろうなと感じました。約1時間半ただただ感心してましたが、和の精神性が凝縮された空間ですから、今回の記憶は今後物事を考える上で何らかの拠りどころとなるような感覚を覚えています。
 前日には楽茶碗作りの体験(宗家研修とは別)もさせてもらって、これもすごく楽しかったのですが、これについては後日書いてみたいと思います。淡交会青年部ならではの充実した2日間でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶会で半東と正客

 先ほど、私が通っている茶道教室のお茶会が終わってホッとしているところです。多くの皆さんにお越し頂きました。私は半東をさせてもらいましたが、特に緊張し過ぎることもなく稽古通りできたかな!?
 でも実は今日一番焦ったのは次の席で正客(最も上座の客)になってしまったこと。7席目でお客様も少なく、着物着てる男性(しかも袴付き)となると、やっぱり言われますよねcoldsweats02。恥を承知で正客をさせてもらいました。もちろんぎこちない正客でしたが、直前に半東してたので流れが分かっていて良かった。しかもこの席の半東は私の妻だったので、少し意地悪心も出してよけいに質問したりして、楽しんでしまいましたsmile。良い経験になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)