着物お役立ち情報

足の形状に合わせた「きねや・型別足袋(綿100%)」見本を置いてます(1週間程度)

足の形状は人それぞれ、標準型の足袋ではどうしても合わないという悩みを持っている方も多いと思います。
きねやの「型別足袋」(綿100%)は「かなり細め」〜「かなりゆったり」まで6段階、サイズは21,5cm~25,0の6段階で揃えています。
現在、和装小物屋さんから見本を預かっています。1週間程度当店に置いている予定なので、足袋のお悩みを抱えている方はぜひ足を合わせに来てみてください。1足から注文できます。
価格2,860円(2,600円+税)
Img_8391

Img_8397

Img_8388
http://kineyatabi.co.jp/kineya/


| | コメント (0)

オリジナル日本刺繍 半衿の例・「羽衣インコ」のリクエスト

愛情いっぱい!世界に1つだけの半衿ができました(^-^)
先日の「友禅と日本刺繍体験」では受講者の皆さんから予め希望のモチーフを聞いて、先生にオリジナルデザインを起こして頂きました。
画像はその一例・・・リクエスト頂いた愛しい「羽衣インコ」の画像を送ってもらって見事にデザイン化してくださいましたw(゚o゚)w
先生も楽しみながら羽衣インコのことを調べてくださったようです。生徒さんには特徴的な頭頂部に刺繍を刺してもらってアクセントにしてます。

2_20200708164201 1_202007081630012_202007081631011_20200708163002

| | コメント (0)

刺繍作家さんに図案からお願いした「四君子」刺繍が出来上がりました!

妻愛用の結城紬・色無地(仕立て上がり)に「四君子」のおしゃれ刺繍紋を依頼。遊び心のあるオリジナル着物になりました。
Photo_20200625102002  
◉図案 刺繍作家さんに描いて頂いた3パターン中から選んだ図案
Photo_20200625102001

◉背縫いを部分的に解いて刺繍
Photo_20200625104001

◉縫い合わせて出来上がり
2_20200625102001

| | コメント (0)

小紋にオリジナル日本刺繍をプラス!

お客様のご依頼で宝尽し模様の小紋(反物)に日本刺繍を加えて頂きました(ポイントとなる前身頃、衽、右外袖)。
先ずは刺繍作家さんに図案を書いて頂いて、お客様のお好みを伺います。色使いや配置はお任せ。
こんなに可憐で美しい日本刺繍が出来上がりました‼︎ 元の小紋柄に馴染ませながら、しっかり存在感あります!
お客様がとっても喜んでくださいました(^-^) 仕立て上がりが楽しみです。
〜これだけのボリュームなのにとってもリーズナブル!〜
800 1000 204_20200521114201 204_20200521114101

 

 

 

図案 
2_20200521114601
Photo_20200521121601

 

| | コメント (0)

「あまびえ」柄リバーシブル半幅帯 疫病退散にご利益!

話題の「あまびえ」 
江戸時代から伝わる半人半魚の妖怪。疫病退散のご利益があるとのこと。
京都西陣で半幅帯が織られてました!

_

| | コメント (0)

かわいい刺繍紋(洒落紋、花紋)できました!

博多織の紬無地をご購入頂いたお客様より「日本昔ばなしをモチーフにした刺繍紋を入れたい」と言うご依頼をいただき、お知り合いの刺繍作家さんにデザインを依頼。こんなに可愛い「桃太郎」が出来上がりました。本当に細かで丁寧なお仕事に感動です!
完全オリジナルでかなりリーズナブル!お客様も大変喜んでくださいました(^-^)
仕立て上がったら再び画像アップします。 ※お客様と作家さんに許可を頂いて画像アップしてます
Photo_20200518155901
背紋(背縫いで桃太郎は1つにつながります)
Img_4765

作家さんに描いていただいた図案
Photo_20200518155801

| | コメント (0)

今のうちに着物を整理して、いつでも着れるようにしておきましょう!

 長い巣篭もり生活を余儀なくされていますが、この機会にタンスの着物を整理してみましょう。長〜くしまいっぱなしにしていると思いがけない問題が見つかることが多いです。早めに解決して大切な着物を生かしましょう!
●茶色いシミや裏地の黄変にビックリ⁉︎ →主にカビが長年かけて変色したものです。シミ抜きや裏地を取り替える等して再生可能です(不可の場合も有り)。
●強いカビ臭がする→洗い張り(水洗い)でほぼ臭いは無くなります。帯(織り)や絞りなど水洗いできないものは丸洗い(ドライクリーニング)と陰干しを併用して臭いを緩和することができます。
●派手になった→裄・袖丈など部分直しや仕立て直しをして、ご子息に譲ることも可能です(寸法により制約あり)。着物は染め替え出来るので、全体に地味な色を掛けて(目引き染め)仕立て替えることができます。また、帯や羽織・コートにリメイクする方法もあります。

「いと善呉服」店舗にて着物の各種お手入れ承っております(お見積もり無料)
参照:いと善 丸洗い、洗い張りページ→
古いシミやタンスに眠ってた着物のイメージ
Photo_20200509151401




| | コメント (0)

黒絵羽(黒地に絵羽柄の羽織)を名古屋帯に 超レアな品物!

 昭和40年代前後に大流行した黒絵羽(黒地に絵羽柄の羽織)ご存知ですか?私自身呉服屋になった頃には既に伝説化してたアイテム。先代が若い頃たくさん仕入れてたようで、今でも当店に4〜5点残ってます。特に「山喜の黒絵羽」は有名だったようで、生地も染めも抜群に良いんです!
 先日お客様にお見せしたところ、染め帯にしたいと言うご依頼を頂き繊細な金彩模様の名古屋帯が出来上がりました(o^-^o)

●黒絵羽商品(丸巻きの状態)

181018102
●お太鼓柄
18107003
●前(腹)の柄 
18103
●継ぎ目は1箇所・見えない部分のみ
18107005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女物のコート生地を男物羽織に しかも羽裏は付下を使用

 少々訳ありで長く在庫にしていた「きぬたや総絞りコート生地」と「手描き京友禅附下」。男性ユーザーが気に入ってくださり「総絞りの羽織にして、羽裏にはこの附下を使えませんか?」と言う無茶振り(゚ー゚;・・・初めての試みでしたが、こだわりの粋な「男もの羽織」が出来上がりました!附下げの裾の柄合わせ部分(前身頃と衽)を羽裏の中心に、袖や後見頃の柄をバランスよく配置してみました。

いつも常識にとらわれない発想で生地の可能性に挑戦してくださるユーザーさん、ありがたいです。そして指定通り上手に柄合わせして仕立ててくださった和裁士さんにも本当に感謝です(o^-^o)

※許可を頂いて掲載しています 

◎仕立て上がった羽織を裏返したところ
Web2_3
◎寸法指示書に添付したイメージ図
羽裏に附下を使用して柄合わせ。当然生地幅が足りないので接ぎを入れます。
Web5
◎コート生地(きぬたや・総鹿の子絞り)
Web1
◎附下の反物(本格的な手描き京友禅・扇面に鴛鴦図 )
Web3
◎男性用の羽織(表)
Web7
◎正真正銘、総鹿の子絞り
Web8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物お手入れ相談会  〜普段から承っていることですが、開催期間中特典があります〜

◎日時:10月27日(土)〜31日(水)  午前10時〜午後7時

◎場所:いと善呉服 にて 
◎お直し・お仕立て応援特典有り! 
着物お手入れ、保管、寸法直し、染め替え、裏地取替え、 余り裂活用、小物コーディネイト、草履のかかと修理 などなど ご相談ください。和装として生かす方法をご提案いたします。
 例えば、使い古した着物を帯や長襦袢に仕立て直したり、綺麗な部分をバッグや 半衿にリメイクしたり、帯揚を半衿に使ったり、色んな活用方法が考えられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧