« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

博多織・求評会 2019行ってまいりました

昨日、着物御一行7人で「博多織・求評会」に行ってまいりました。会場の承天寺には博多織メーカー各社や作家の新作が一同に会する年に一度の大イベント。会場は大勢の着物ファンで賑わっていました。来場者それぞれが2点選ぶ人気投票も楽しみの一つで皆さん熱心に見入っておられました。
博多織求評会サイト→
1911121000 1911111000 191131000 

内閣総理大臣賞、経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、3賞とも「筑前織物」
Dscn0977

191111000
楓がほんのり色づいたお庭で「南方流」の野点。
Dscn1078
博多織デベロップメントカレッジ生徒さんのコーナー、機織り体験など。
Img_1632 

 

博多織近くにある「筑前織物」さんで品定め 
1911201000

 

 

 

 



 

| | コメント (0)

大徳寺 高桐院と秋の特別公開中の総見院へ・・・あぶり餅も堪能!

祇園お茶屋遊びの翌日は茶道の聖地・大徳寺へ。
修復後公開されたばかりの「高桐院」では千利休居士の邸宅を移築した書院や茶室「松向軒」などを拝見。お茶室の天井が表情豊かで印象的でした。お庭は枯山水ではなく、竹林を背景に楓が間合い良く配された清々しい庭でした。
「総見院」では特別公開中の木造織田信長公坐像(重文)、信長公一族の墓碑などを拝見。信長公坐像は等身大で実際の顔立ちに近いと言われているそうで、凛として威厳があります。
Img_1327-2 Img_1328 Img_1362 Img_1354 Img_1366Img_1313 Img_1496
大徳寺の後は今宮神社近くの「一和」と「かざりや」の「あぶり餅」を食べ比べ。どちらも白味噌たれが美味い(^-^)
Img_1461 Img_1463-2

 

 

| | コメント (0)

黒の薄物羽尺(羽織やコート用の生地)を紺色に染め替えてみました

当店の在庫で眠っていた黒地の薄物羽尺。用途が限られるので紺色に染め替えてみました。一旦色を抜いて見本帳の色に染めます。色ムラもなく綺麗に生まれ変わりました!捩り組織(もじりそしき)で大きめの亀甲柄に織られていますが、ルーペで見るとかなり複雑に糸が織り込まれているのが分かります。今となってはかなりの貴重品!
191165 191161 191162191163

| | コメント (0)

在庫の白生地(羽尺)を染めてみました 

 店の棚で長〜く眠っていた白生地を染めたら、とってもいい感じの羽尺(羽織やコート用の生地)になりました!白生地では分かりにくかったですが、菊の地紋がくっきり浮かび上がってアクセントになります。昔の羽尺は地厚で弾力性があって本当に生地が良いです。少々無茶してもシワにならない。
 他にもレトロな地紋の白生地や反物があるので、少しずつ今の感覚に染めたり染め替えたりしてます。楽しみながら(^-^)


2_20191101185601

1_20191101185601

3_20191101185601

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »