« 青柳の振袖(手絞り、手描き友禅、手刺繍など)入荷 | トップページ | 振袖展〜CLASSIC〜開催!(東広島市・いと善呉服)2月15日〜 »

母の絞り道中着を男用の羽織にリメイク

 母の絞り道中着を自分用の羽織にリメイクしてみました。元が赤ベースだったので、全体に紺色を掛けて地色変更。絞りの凹凸が無くなるのは残念ですが、赤い部分の彩度が抑えられて、絞りの味も残ってます。

 道中着は衿の長さがたっぷりあるので、羽織の衿に転用。問題は裄ですが、袖幅(袖付側)で接ぎます。生地は衿から拝借。羽裏(羽織の裏地)の袖幅も足りないので袖口の下で接ぎます。
 羽裏は以前長襦袢地(臙脂に七宝柄 )を羽裏に転用した生地(2枚分使用)がキリキリ残ってたので使ってみました。羽裏として3枚取れたことになりますw(゚o゚)w
18125
凹凸がは無くなりましたが、絞りの感じは残ってます。
袖幅を取る為に接ぎ。
18123
臙脂に七宝柄の羽裏(長襦袢生地)
袖口の下側で接ぎ
Dscn9824
母の道中着(元の状態)
1812_2

|

« 青柳の振袖(手絞り、手描き友禅、手刺繍など)入荷 | トップページ | 振袖展〜CLASSIC〜開催!(東広島市・いと善呉服)2月15日〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母の絞り道中着を男用の羽織にリメイク:

« 青柳の振袖(手絞り、手描き友禅、手刺繍など)入荷 | トップページ | 振袖展〜CLASSIC〜開催!(東広島市・いと善呉服)2月15日〜 »