« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

女物のコート生地を男物羽織に しかも羽裏は付下を使用

 少々訳ありで長く在庫にしていた「きぬたや総絞りコート生地」と「手描き京友禅附下」。男性ユーザーが気に入ってくださり「総絞りの羽織にして、羽裏にはこの附下を使えませんか?」と言う無茶振り(゚ー゚;・・・初めての試みでしたが、こだわりの粋な「男もの羽織」が出来上がりました!附下げの裾の柄合わせ部分(前身頃と衽)を羽裏の中心に、袖や後見頃の柄をバランスよく配置してみました。

いつも常識にとらわれない発想で生地の可能性に挑戦してくださるユーザーさん、ありがたいです。そして指定通り上手に柄合わせして仕立ててくださった和裁士さんにも本当に感謝です(o^-^o)

※許可を頂いて掲載しています 

◎仕立て上がった羽織を裏返したところ
Web2_3
◎寸法指示書に添付したイメージ図
羽裏に附下を使用して柄合わせ。当然生地幅が足りないので接ぎを入れます。
Web5
◎コート生地(きぬたや・総鹿の子絞り)
Web1
◎附下の反物(本格的な手描き京友禅・扇面に鴛鴦図 )
Web3
◎男性用の羽織(表)
Web7
◎正真正銘、総鹿の子絞り
Web8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極上の抹茶パフェを頂きました!京都・井登美(和装小物製造卸)の催事で出張茶寮

 「着物で京都・奈良ツアー」では極上の抹茶パフェをいただきました。
「互福庵の抹茶パフェ」全国茶審査技術競技大会で全国優勝の実績を持つ「もりた園」店主森田治秀氏が厳選した極上の抹茶(濃茶用)を使った贅沢な抹茶パフェ。濃厚な旨味はくせになります(o^-^o)
  先週、和装小物・井登美さんの催しで出張茶寮として出されたもの。普段は互福庵で店のメニューには無いらしく、ある意味まぼろしのパフェ!
 着物や選びきれないくらいの和装小物を見て、極上のスイーツまで頂けるワクワクする催しです(o^-^o)
18112_2
18113_2
20181114_183153

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多織・求評会 着物で行って参りました

 博多織メーカーの自信作が一堂に会する「博多織求評会2018」 お客様からの熱いリクエストで急きょ福岡まで行って参りました!(福岡・承天寺にて)

 名古屋帯、袋帯、夏物帯、角帯ほか多数出展され、好きな作品に投票するアンケートもあり「こんな帯締めてみたい」って感じでワクワクしながらご覧になってました。 会期前半の投票で決まった内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、経済産業大臣賞の3部門受賞作品が前面に展示されてあり、今どんなデザインが好まれるのか感じることもできます。
 別会場では「博多織デベロップメントカレッジ」生徒さんによる作品展示と機織り実演、機織り体験があり、花のある会場でした。
Img_6100_2
紅葉の庭
Img_6094_3
長く取引させてもらってる「にしむら織物」さんの社長と、伝統工芸士の松尾さんと一緒にパチリ!
1811_2
Img_6078_2
機織り体験を楽しむ着物男子! 
Img_6236
野点のお茶席
Img_6198_2
Img_6252_3
受賞3作品
Img_6162_2
20181112_143019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年カレンダー 気になる元号の表記は?

お客様にお配りする来年(2019年)カレンダーが届きました。気になる元号の表記は?・・・なるほど・・・「平成31 昭和94 大正108」だそうです!過去〜現在の流れから新時代を予感させる上手い表現です(^-^)  

貴重なカレンダーになりそうです。
Img_5922
Img_5925
Img_5921

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »