« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

職場体験学習、最終日。店内ディスプレイをしてもらいました。手描きのプライスカードが良い感じにできました(◎´∀`)ノ

地元中学生の職場体験学習、最終日の今日は店内に着物と手ぬぐいをディスプレイしてもらいました。店内がパッと明るくなった感じです。

手ぬぐいは好きな柄を選んでプライスカードを手描きで作ってもらいました。可愛いコメントやイラストを添えてくれたのには関心!私がPCで作るより断然いいです!!限られた材料の中で能力を発揮してくれました(◎´∀`)ノ
162_21613_2167

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職場体験学習で地元中学の生徒さん呉服屋修行に奮闘中!?? 

今年も地元中学校より職場体験学習受け入れています(今週4日間)。着物と帯・小物のコーディネイト、商品ディスプレイ、浴衣の着方、着物の畳み方、抹茶の頂き方、風呂敷の包み方などなど、体験と言うより呉服屋修行???・・・(^-^; 将来呉服屋になる子はいないでしょうが、何にでも応用できる様にと思って教えています。

和文化の魅力や仕事への取り組み方を私なりに伝えているつもりなので、彼女たちの人生の中に何か1つでも残れば嬉しいです(*^-^)
162 浴衣の着方奮闘中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさが来た あさちゃんの着物 レトロチックな配色が良かった! 1月21日

  NHK「あさが来た」今日のあさちゃんの着物、いい配色だなと思って見てました。緑味のクリーム(路考茶を明るくした感じ)に江戸紫の帯を締めて、オレンジ色の帯締を合わせてます。半衿は淡いオレンジ系統のようです。

 着物の黄と帯の紫は反対色(補色)の関係なので相性が良いです。同じ黄色系でもほんのり緑寄りの色相で、落ち着いたトーン同士で合わせてるのが絶妙!紫の帯とオレンジの帯締の配色も奇麗ですね。どちらもアンティーク着物によく使われている色なので、レトロチックなイメージにもなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くらら〜東広島芸術文化ホール〜 杮落としコンサートチケット取れました。4月8日・日本フィルハーモニー交響楽団

くらら〜東広島芸術文化ホール〜 杮落としコンサートチケット取れました!小林研一郎指揮、日本フィルハーモニー交響楽団、千住真理子ヴァイオリンソロです。

本日9時から「くらら」での会員先行予約で、今朝8時5分に行った時には87番目の整理券を渡されました(ほぼ予想通り)。いい席は望めないと諦めていましたが、後方ながら程々中央の席を確保(^_^)v。オーケストラの音がバランス良く集まる良い席だと思います。
 今日は朝4時頃(昨晩からと言う話も?)から寒空の下、並んでいた方もいらしたとか、チケット取るのも大変です。ホールのスタッフの皆さんもご苦労様です。
Photo
2時半にインターネット予約状況見たら、学生席10数席程度しか残ってないようですw(゚o゚)w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくりw(゚o゚)w 去年、私の店に職場体験学習に来てた神笠さんが都道府県駅伝の広島県代表に!

びっくりw(゚o゚)w 去年の今頃、私の店に職場体験学習に来てた西条中学校の神笠さんだ!

陸上部だとは聞いてたけど、皇后杯・全国女子駅伝(全国都道府県駅伝・1月17日日曜日・京都)の広島県代表に選ばれる逸材だったとは!!!そういえば賢くて、まじめな生徒さんでした。素直な子は伸びるんですね。応援してます!
161
東広島市の中学校長距離界は層が厚いです!
20160115_104213

| | コメント (0) | トラックバック (0)

振袖美人2016 〜美しいキモノ・臨時増刊号〜を購入!目先の流行に流されない安定感があります1

振袖美人2016 美しいキモノ・臨時増刊号を購入しました。振袖専門誌は今どきの流行にシフトしたものが多いのですが、こちらは安定感があります。振袖の柄付けは手描き友禅、手絞り、手刺繍を用いた伝統工芸品、模様は伝統的な古典のモチーフを使って今様に軽やかにアレンジした印象。

帯や小物合わせも是非参考にして頂きたいです。成人式などで実際の振袖姿を見ていると、振袖が良くても帯が残念(ノ_-。)と感じることが多いです。帯質的に「美容師さん締めにくそうだな」と思ってしまいます。「でも良い帯は高いでしょ!?」って言われそうですが、10万円でも締め易くて良いデザインの帯はあるんですよ!

また「美しいキモノ」さんの振袖コーディネイトでは殆ど平組の帯締めをしています。丸組の花結びアレンジも華やかで良いですが、平組みならクルッ!クルッ!アレンジしなくたって、清楚で充分存在感あります。
掲載されている参考価格にギョッw(゚o゚)w!としてしまいますが、あまり気にせずに良い着物を見てみてください。
161 162
20160113_143430
振袖用平組み帯締め 参照⇒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成人式・振袖の傾向を見てきました(平成28年1月11日・東広島運動公園体育館)。

新成人の皆さんおめでとうございます。平成28年1月11日(月)成人の日に催さ「東広島市・成人を祝う会」の会場に妻と行ってみました。振袖の傾向は概ね昨年と同じなので(平成27年1月Blog参照)も参照ください。

◎地色:振袖の地色は赤系統が主流。白地と黒地も多かったです。白地や黒地でも模様が華やかなので、全く地味ではないんです。例年より水色が少なめな印象でした。

◎模様:ママ振には古典的なものが多いですが、新しい振袖にも熨斗目、道長取り、松、四季草花など古典をモチーフにしながら重々しくならないデザインも多く見られます。桶絞り(又は桶絞り調)も根強い人気です。

◎ヘアスタイル:一時期の盛り髪は減って、比較的落ち着いた感じ。後に束ねてふんわりボリュームも多いですが、編み込みが目立ちます(ヘアスタイルについては専門外なので今度美容師さんに聞いてみます(o^-^o))

◎髪飾り:一時期の大きな洋花の流行から落ち着いてきた印象。また、伝統的なつまみ簪(かんざし)が増えています。

 男性の羽織袴も見られました。何故か派手なのが多いですが、一人だけ黒紋付きに仙台平の羽織袴姿がいたのには関心!
16111_2 161113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさが着た・新次郎さん(玉木宏)の着物 着こなしに注目!現在男性の着物コーディネイトの参考にも。

NHK「 あさが着た」の新次郎さん、着物の着こなしが決まってます。玉木宏さんの着物姿は抜群にカッコいいですね!新次郎さんのお洒落のポイントは着物と羽織を違う生地で上手にコーディネイトしているところ。例えば他の旦那衆は「お対(おつい・着物と羽織が同じ生地)」が多いのので、新次郎さんの技あり!な着こなしが強調されます。

1月9日・今日のコーディネイトはオフホワイト地に縞の着物(生地に凹凸があったので塩沢御召しかも?)+紺色の市松模様の羽織(お召し?又は小紋の染め柄?)+茶色の角帯(博多織り・献上柄)。着物と羽織のコントラストでスマートさが強調され、帯の茶色がアクセントになっています。半衿は黒。黒の半衿は汚れが目立たなくていいんです。
今回のドラマ衣裳は時代考証よりも人物像を浮き上がらせることに重きをおいている様です。新次郎さんの着こなしは、現代男性の着物コーディネイトの参考になりますよ(o^-^o)
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男の着物 カラーコーディネイト 江戸の粋!三色:ねずみ色、茶色、紺色(藍)の組み合わせ

 連続テレビ小説「あさが来た」では新次郎(玉木宏)さんの着物の着こなしが注目されていますが、色の使い方がいいですね(o^-^o)

 そこで、男性の着物カラーコーディネイトのポイントを一つお話します。江戸時代は四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)と言って、庶民は茶とグレーの色んなバリエーションで着物のお洒落を楽しみました。奢侈禁止令(しゃしきんしれい・ぜいたく禁止)によって華やかな色を制限されたことで、地味〜な「茶」と「ねずみ色」の表現が豊かになったわけです。また、江戸時代に最も多く使われていた色が「藍」。幕末期、日本に来た西洋人は町中に藍色が溢れているのを見て「ジャパンブルー」と表現しました。
 「茶色 」「ねずみ色」「紺色(藍)」。偶然かもしれませんが、この三色の組み合わせは、とっても相性がいいんです!特に男性の着こなしにお勧め。紺色の着物にグレーの半衿やグレーの帯。こげ茶色の着物にグレーの半衿やグレーの帯など、シックな大人の着こなしです(^_^)v。また、紺色と茶色の組み合わせも有りです。実はこの2色は補色(反対色)の関係。色のトーンを間違えると、けばけばしくなりますが、シックな色同士なら技有りのお洒落が楽しめます。
 先ずはこの三色を基本に押さえておいて、緑や暖色を加えることにも挑戦してみたら良いと思います(o^-^o)
※ちなみに、茶色はオレンジ色辺りの色相でトーンが低い色なので、暖色です。
参照:色の話 
20160108_111143
1563
◎参照画像:縹色(藍系統)の着物に、半衿は同系色の水色、帯にグレー地を合わせています。アクセントに補色(反対色)の茶系色扇。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訪問着は子供の入学式・卒業式にふさわしくない!なんてことはありません!

 昨日のNHK「あさいち」で着物の特集してました。着物は私たちの生活になくてはならないものとして大切にされているんだなと嬉しく思います。「あさいち」さんありがとう(^-^)

 ただ、番組の中で「訪問着は(華やかな)社交着だから、学業の場である学校の入卒式にはふさわしくない」といった趣旨の事を言っていたので、びっくりしました。そんなことありませんから(゚ー゚;!!。 訪問着は明治〜大正頃に西洋のビジティングドレスに当たるものとして生まれたものなので、確かに社交着です(着物の種類参照)⇒  。元々の成り立ちから言えば、そのような感覚があったのかもしれませんが?・・・今は今!訪問着は準礼装として幅広く着られています。例えば、わびさびの世界である茶道でも訪問着は色無地と共に最も多く着られている着物です。また、訪問着でも絢爛豪華な模様から、控えめな模様まで様々。入卒式に清楚で控えめな吉祥模様の訪問着を選べば、主役を一層引き立ててくれます。実際、入卒式で着られている着物は訪問着または附下が最も多いと思います。自信を持って着てください。
20160105_111525_3
入卒式にふさわしい着物:色無地、附下、訪問着、色留袖(一つ紋)、伊勢型小紋、お召し(柄によります)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供の入学式、卒業式に訪問着はふさわしくない!ということはありません。

 昨日のNHK「あさいち」で着物の特集してました。着物は私たちの生活になくてはならないものとして大切にされているんだなと嬉しく思います。

 ただ、番組の中で「訪問着は華やかな社交着だから、学業の場である学校の入卒式にはふさわしくない。」と言っていたので、びっくりしました。そんなことありませんから(゚ー゚;。訪問着は明治〜大正頃に西洋のビジティングドレスに当たるものとして生まれたものなので、確かに社交着です(着物の種類参照)⇒  。元々の成り立ちから言えば、そのような感覚があったのかもしれませんが、今は今。訪問着は準礼装として幅広く着られています。わびさびの世界である茶道でも訪問着は色無地と共に最も多く着られている着物です。また、訪問着でも絢爛豪華な模様から、控えめな模様まで様々。清楚で控えめな吉祥模様の訪問着を選べば、主役を増々引き立ててくれます。
20160105_111525_2
入卒式にふさわしい着物:色無地、附下、訪問着、色留袖(一つ紋)、伊勢型小紋、お召し(柄によります)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供の入学式、卒業式に訪問着はふさわしくない!ということはありません。

 昨日のNHK「あさいち」で着物の特集してました。着物は私たちの生活になくてはならないものとして大切にされているんだなと嬉しく思います。

 ただ、番組の中で「訪問着は華やかな社交着だから、学業の場である学校の入卒式にはふさわしくない。」と言っていたので、びっくりしました。そんなことありませんから(゚ー゚;。訪問着は明治〜大正頃に西洋のビジティングドレスに当たるものとして生まれたものなので、確かに社交着です(着物の種類参照)⇒  。元々の成り立ちから言えば、そのような感覚があったのかもしれませんが、今は今。訪問着は準礼装として幅広く着られています。わびさびの世界である茶道でも訪問着は色無地と共に最も多く着られている着物です。また、訪問着でも絢爛豪華な模様から、控えめな模様まで様々。清楚で控えめな吉祥模様の訪問着を選べば、主役を増々引き立ててくれます。
20160105_111525
入卒式にふさわしい着物:色無地、附下、訪問着、色留袖(一つ紋)、伊勢型小紋、お召し(柄によります)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供の入学式、卒業式に訪問着はふさわしくない!ということはありません。

 昨日のNHK「あさいち」で着物の特集してました。着物は私たちの生活になくてはならないものとして大切にされているんだなと嬉しく思います。

 ただ、番組の中で「訪問着は華やかな社交着だから、学業の場である学校の入卒式にはふさわしくない。」と言っていたので、びっくりしました。そんなことありませんから(゚ー゚;。訪問着は明治〜大正頃に西洋のビジティングドレスに当たるものとして生まれたものなので、確かに社交着です(着物の種類参照)⇒  。元々の成り立ちから言えば、そのような感覚があったのかもしれませんが、今は今。訪問着は準礼装として幅広く着られています。わびさびの世界である茶道でも訪問着は色無地と共に最も多く着られている着物です。また、訪問着でも絢爛豪華な模様から、控えめな模様まで様々。清楚で控えめな吉祥模様の訪問着を選べば、主役を増々引き立ててくれます。
20160105_111525
入卒式にふさわしい着物:色無地、附下、訪問着、色留袖(一つ紋)、伊勢型小紋、お召し(柄によります)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »