« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

NHK連続ドラマ「あさが来た」着物の話。 ドラマのモデルはあの三井家出身の広岡浅子。実際の浅子さんの小袖はスゴかったはず!

NHK連続ドラマ「あさが来た」ヒロインのモデルはあの三井家出身の広岡浅子。三井家と言えば、呉服商・越後屋を興した三井高利を祖とします。後の「三井財閥」や「三越」。

広岡浅子は三井出水家(明治以降は小石川家・ 三井本家5家の1つ)・三井高益の三女として生まれました。あの越後屋の系譜だけあって三井家の小袖(着物)の意匠(デザイン)には円山派など一流の絵師たちが関わり、友禅や刺繍技術も当代随一の職人によるものです。文化学園服飾博物館 には三井家伝来の小袖が集められているのですが、当時の栄華が偲ばれます。こちらの所蔵品は南三井家(三井本家の1つ)が中心なのかもしれませんが???、当然、浅子さんの実家・三井出水家の人たちも最高峰の小袖を着ていたはず!
 ・・・っと言うわけで、ドラマでの「あさちゃん」の衣装はどう見ても撮影用の軽めな感じですが(ごめんなさい<(_ _)>)、実際の浅子さんは大変なお嬢様なので、見事な小袖を着ていただろうと想像します。
20151027_140318 20151027_140339
文化学園服飾博物館編集発行 書籍より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長襦袢の歴史:長襦袢は下着なの?長襦袢はいつ頃から着られてるの?

長襦袢に「長」が付くのには意味があります。「襦袢(じゅばん)」の語源は16世紀ポルトガルからもたらされた 「gibao」。元々、小袖(着物)の下に半身の下着(半襦袢)を着ていたものにこの言葉を当てました。下は蹴出し(けだし・絹製などの裾よけ)。
※但し、室町時代には既に襯衣(しんい)または肌帷子(はだかたびら)と言われる対丈の肌着もあったようです。
 江戸時代中期・元禄ごろには経済力をつけた町人を中心に襦袢も装飾化され、袖口、身八つ口、裾からのぞく色柄を楽しむようになり、現在のような対丈の「長襦袢」へと変化していったのです。生地は縮緬や綸子といった絹が多く、衿は白や色の無地、刺繍や絞り、小紋等の柄半衿でお洒落を楽しむ様になりました。ここまでくると長襦袢は下着と言うより小袖(着物)。結果、長襦袢の下に木綿の下着(肌襦袢と裾除け)を付ける様になったというわけです。今のスタイルですね。
ちなみに男性の場合、襦袢から長襦袢に変化するのは更に後だそうです。
Nuemura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

店頭用に「着付教室」の看板を簡単に作ってみました。とりあえず有るものを使って。

 店頭の角がどうも味気ない作りなのと、着付教室をもっとアピールしたいので、常設の看板を設置しようと考えています。

専門の看板屋さんにお願いする前に、とりあえず実験!展示会用の看板を台にして、A3用紙にプリントしてラミネートで保護、そして4枚繫いでみました。色んな意見を聞いて、一番良い方法を考えてみたいと思ってます(o^-^o)。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015全日本大学女子駅伝 現在激闘中!わが後輩・松山大学にエール!って書いてる間に堂々の3位入賞!ヽ(´▽`)/

 全日本大学女子駅伝 現在激闘中!

わが後輩・松山大学は上位争い中。4区・高見澤選手は日本陸上競技選手権大会3000m障害の優勝者!オリンピックも狙える選手です。
  関西、関東、中京の陸上名門校に分け入って中四国代表が上位常連校になるなんて、かつては想像もできなかったこと!選手、監督、コーチの努力はもちろんですが、この陰には40年以上、松山大学(松山商科大学)陸上部を育ててこられた元・陸上部総監督の熱い思いがあります。 感慨深い。
⇒って書いてる間に堂々の3位入賞!ヽ(´▽`)/!
立命館強すぎたけど、いつか全国制覇しますよ(๑•̀ㅂ•́)و✧!
20151025_131422

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お座り・のん太ぬいぐるみ(東広島市・酒まつり公式グッズ)をゲット!店頭マスコットに使えそうです 

昨晩、地域商店の会合で「お座り・のん太ぬいぐるみ(東広島市・酒まつり公式グッズ)」を一目で気に入り、即購入!ポップ用のミニプレートもセットにして「いと善」店頭アピールに活躍してもらいます(^_^)v。

「のん太に着物着せたらいいじゃない!」なんてご意見も頂きました。それなら、お魚屋さんは鯛を持たせて「のん太恵比寿だね!」なんて話も(o^-^o)

1
3
「のん太グッズ」こんなにあります(o^-^o)
酒まつりでは「広島カープ×のん太」のコラボグッズが人気あったようですね!
2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成28年カレンダーが早々とできてきました 「いせ辰・江戸千代紙」模様です

いと善呉服の平成28年カレンダーは 「いせ辰・江戸千代紙」模様です。カレンダーって、好みがあるので差し上げても実際使っていただいているのか疑問を感じていたのですが、約5年前からこの「いせ辰」シリーズ変更して、とても喜んで頂いていると実感しています。江戸のデザインが華やかで楽しいのと、書き込みができるので実用的。簡単な歳時記も分かります。

先ずは11月28日(土)〜30日(月)の展示会にご来場頂いた方にプレゼントし致します(o^-^o)。
16
161

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋晴れの続く今、着物の虫干しのチャンス!着物に新鮮な空気を当ててやってください。

今年は最高の秋晴れが続いていますね。湿度が低く爽やかな風が流れる今こそ着物虫干しのチャンス! 着物、帯、長襦袢を風通しの良い場所でハンガー(できれば着物ハンガー)に掛けて陰干しします。時間帯は布団を干してる時間と同じ位が目安(大体10時〜16時位)。

虫干しが難しい場合は単純に着物をタンスから出してみて、眺めてみるだけでも違います。その際、古い畳紙(たとうし)は取り替えると更にGood!
要は着物に湿度の低い新鮮な空気を当ててやることが大切なんです(o^-^o)。更に言うと、着物はジッとしまっておかないで、普段から着てあげることが最高のお手入れにつながります。
P1030449
と言うわけで、「いと善」も虫干し中(^_^)v
1階の2階の窓を全開して風を通してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒まつりの一コマ 着物で歩いていると・・・w(゚o゚)w

着物で酒蔵通り界隈を歩いていると、ディアンドル???(ドイツの民族衣装)姿の美女に遭遇! そして、写真中央の男性は「石川達也」さん!NHK連続ドラマ「マッサン」の舞台にもなった竹鶴酒造(竹原)の杜氏さん。マッサンでは酒造り指導をされた方です。お酒を語らせたら天下一品!

本格ドイツビールを片手にパチリ(^_^)v
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東広島芸術文化ホール「くらら」 平成28年4月のこけら落としが楽しみ!小林研一郎、千住真理子、仲道 郁代というビッグネームが(◎´∀`)ノ

わが町西条駅前に東広島芸術文化ホール「くらら」が平成28年4月、いよいよ会館!

杮落としは4月8日(金)小林研一郎指揮、日本フィルハーモニー交響楽団、千住真理子のヴァイオリン!!! (◎´∀`)ノ 。4月16日(土)の ピアノ開きは仲道 郁代、だそうです。絶対行きたい!どっちも。
曲目はまだ分かりませんが、待望の記念すべきコンサートです。これを皮切りに内外のオーケストラやソリストの演奏を聴ける様になると嬉しいです。もちろん地元・広島交響楽団の演奏が増えることを期待しています。
着物でクラシックコンサートって企画もいいですね(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015酒まつり 注染手ぬぐい大好評!明日も いい柄いっぱい揃えて出品します

2015酒まつり、1日目「注染手ぬぐい」大好評!でした(o^-^o)。

明日も いい柄いっぱい揃えて出品します!
15 151010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015酒まつり 「いと善」店頭ワゴンセール賑わってます!

2015酒まつり 「いと善」店頭ワゴン賑わってます(◎´∀`)ノ

可愛い和小物がいっぱい。安すぎるようです(^-^;
1531510115102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から2015 酒まつり。いと善では岡町中央通りハッピーくじ引きラリーのスタンプポイントになってます(o^-^o)。

明日から2015 酒まつり(東広島市西条町)。いと善は「岡町中央通りハッピーくじ引きラリー」のスタンプポイントになってます(o^-^o)。JR西条駅を出たら右手(東側)徒歩30秒!各ポイントを回っていいものゲットしてください。

1 151 152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

注染・手ぬぐい「ちょんまげ殿様」

注染・手ぬぐい「ちょんまげ殿様」 〜 kenema新柄登場!〜

猫&富士山&ちょんまげ殿様! 何が何だかよく分かんないけど、単純に楽しいデザインですねo(*^▽^*)o。 1,296円(税込)、綿100%、約 36×90 cm
酒まつりで出品します。東広島市西条駅前11日(土)・12日(日)。
20151008_194707

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKあさが来た  〜着物の話〜 おひきずり

NHKあさが来た 「 おひきずり 」

江戸時代中期、小袖の丈を長くして引きずる着方が一般に広まりました。これは元々、高貴な公家や武家の女性が裾を引いて歩く優雅な着方(公家は大袖、武家は小袖)をまねたもの。裕福な商家の女性ともなると家の中では前身頃を裏返し裾を引いて歩いていたようです。仕立て方は、お端折(おはしょり)を取る今の着物よりも衿先の位置が高く(衿先が帯の下で隠れる様に)、裾には綿を入れて袘(ふき)を大きくしていました。

 外出する時には腰の位置で持ち上げて留めていました。「抱え帯」または「しごき」 (今でいう腰紐の役割)で留めたのです。これがお端折(おはしょり)の始まり。ちなみに、「しごき」は今の七五三や婚礼の花嫁衣装に残っています(帯の下側に赤や緑など鮮やかな布が巻く習慣)。
※NHKの公式ホームページに、はつさんの「お引きずり」姿があります。あささんはお引きずりの着物の裾を上げています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手ぬぐい・酒まつりに向けて続々入荷中!新柄もお楽しみに!

手ぬぐい・酒まつりに向けて入荷中!「 kenema」今年の新柄いいですよ!お楽しみに(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本橋梨園染・手ぬぐい「バレリーナ」

注染手ぬぐい「バレリーナ」
これも手ぬぐいw(゚o゚)w!?っと言ってしまいそうな可憐なデザイン。正直言って当店ではなかなか嫁いでくれない1枚ですが、きっと一目惚れしてくれる王子様が現れるはずo(*^▽^*)o!

192

「王子さま、お姫さま、妖精、動物たち、お菓子の国・・・そんな夢のある世界につれていってくれるもの、それがバレエです。おとぎ話を軽やかなステップやしなやかな躍りで表現する、何てステキなひとときなのでしょう!」
約37×90cm、綿100% 、 1,296円(税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »