« 四国こんぴら歌舞伎へ行きます (平成23年) | トップページ | 「琳派・若冲と雅の世界」が広島で  「神坂雪佳」必見! »

京都で仕入、嵐山散策と十三参りの法輪寺

 4月1日に京都へ仕入に行ってきました。茶道で使う名物裂の古袱紗、懐紙入れ、数寄屋袋、足袋入れ、など西陣の名だたる名品をとても良い条件で仕入れる事ができたので、さっそく4月9日〜13日の店内催事の目玉で出品することにしました。
 また、取引先が嵐山にあるので、久しぶりに渡月橋や法輪寺を散策してみました。法輪寺は十三参りで有名なお寺で、今がまさにその時期。春休みということもあり、干支が一回りした卯年のお嬢さん方がたくさん振袖姿でお参りに来てました。本裁ちの振袖に肩揚げをするのが普通ですが、揚げが必要ない子もいるんですね。お母さんは訪問着、妹は四つ身や一つ身で揃って着物というご家族もちらほら、いいですね〜happy01お父さんも着物だったらいいのにね!うちもそろそろなので家族で着物でお参りに来れたらいいな!
嵐山の桜はまだだったけど、嵐山公園の梅が見事でした。

|

« 四国こんぴら歌舞伎へ行きます (平成23年) | トップページ | 「琳派・若冲と雅の世界」が広島で  「神坂雪佳」必見! »

呉服屋の日々の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223007/51302450

この記事へのトラックバック一覧です: 京都で仕入、嵐山散策と十三参りの法輪寺:

« 四国こんぴら歌舞伎へ行きます (平成23年) | トップページ | 「琳派・若冲と雅の世界」が広島で  「神坂雪佳」必見! »