« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年・きもの文化検定、新たな参考図書

 ひと目でわかる!保存版 — 帯の基礎知識 (特選実用ブックス) [大型本]が「きもの文化検定」の参考図書として加わったんですね。今日”アマゾンのおすすめメール”で知りました。これは勉強範囲が増えたというのか、絞り込み易くなったのか分かりませんが、参考図書は全部読み込んだ方が良いです。
 1級の場合、公式テキストは2冊とも隅々まで(本文以外の図や写真の説明などの小さな字も含めて)漢字も書ける様にしておいて、参考図書、源氏物語の指定範囲、問題集のおさらい(2009年はあったので2010年版問題集にもあるのでは?)、を隅々まで読み込んでおくと良いです。大雑把な感覚ですが、昨年の問題ではこの範囲の出題を全部答えられれば、合格ラインには到達できる感じでした。でも完璧に答えるのは不可能です。
 これら以外の問題はほぼ予測不可能なのですが、模擬問題から予測して答えられた問題も数問ありました(衣類の数え方など)。
 あとは試験当日まで着物に関する情報を何でも吸収するしかありません。その中から答えられる問題は全く無い可能性もありますが、着物を知る喜びを感じながら勉強されると良いと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きもの文化検定について、市田ひろみさんのインタビュー

全日本きもの振興会のホームページに市田ひろみさんのインタビューが載っていたのを見つけました。きもの文化検定について語られているのでリンクしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚愕!バブリーな展示会!?・・・これでいいの?

 今日、とある着物展示会に行ってきました。ローカルチェーンなど主に企業的な店が多数参加する様ですが、私もちょっと用事があったので会場を見てみました。合同催事だけあってお客さんが多いのにのにはちょっと驚きましたが、何より価格にビックリ!「どうしてこの程度の着物が百何十万円もするの!??? 」みたいなのが当たり前に並べてある。そして皆さんお求めになられているんですね〜。まさにバブリー!wobbly「きものはこんなに高くないですよ」って教えてあげたい。 何も企業的な店だからこうだと言っているわけではないですよ。でもまだまだこういう販売がまかり通っているということなんです。
 どうも、一般的に私たちのような個人経営の呉服店は価格が高いように思われているようですが、責任をもって品物を揃えている店はそんなこと絶対ありません。こういう展示会を見ると、どうしてそういう風評が出回るのか不思議でなりませんpout
 着物文化が延々と受け継がれる為には、着物市場が適正に回って行かないといけません。ダンピングばかりもいけないし、高過ぎてもいつかは見放されてしまいます。
 そういうことをちゃんとお伝えしなければと思い、早速ブログにしたためましたsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市役所内でコマーシャル!

 今週から東広島市役所内で「いと善」のコマーシャルを流しています(1階窓口50インチディスプレイ)。「市役所で宣伝していいの?」と私もお話を頂いた当初は驚きましたが、市の新規事業で地元の民間事業者を対象にしたものだそうです。市役所で流すだけあって審査は厳しいと聞いているので、それだけ重みがあることを是非強調したいですhappy01
 あっという間の15秒コマーシャルですが、いと善がお伝えしたい事をギュッと詰め込みました。6分に1回、1日に最低60回は流れるので、東広島市役所に行かれた方は是非見てみてくださいね!

いと善ホームページでも御覧いただけます
動画再生(Windows Media Player)→
 


Koukoku11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から「新装店舗お披露目・夏〜秋の着物展」

明日から新装店舗お披露目の催事をするのですが、現在7時半なのにまだ全然準備出来てないcoldsweats02
内装の仕上げをこだわって自分たちでしているので、時間が足りないんです。今から商品並べるので何時になるか???
ブログ書いてる場合じゃない!

●「新装店舗お披露目・夏〜秋の着物展」
7月9日(金)〜12日(月) いと善店内にて
今から間に合う夏〜秋の装いを提案するので、お近くの方は是非見に来て下さいね。
和装小物も充実です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010「きもの文化検定1級」の受験案内が来てました

 昨日、嫁さん宛に「きもの文化検定1級」の案内が来てました。こんなに早く!と思ったけど、考えてみるとあと3ヶ月なんですね。どれくらいの方が挑戦されるのか気になるところです。昨年の問題を知っているので妻は受けないと思いますが(呉服の仕事をする基礎知識としては2級でも充分なので)、着物を深く深く知りたい方は挑戦してみると良いと思います。着物に関するあらゆる情報を吸収する良い機会です。昨年の問題を知って早くから勉強されている方も多いと思いますが、相当な強者になっているのではないかと想像しています。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »