« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

紗献上(夏用の博多帯)大好評!

 「夏の博多織と浴衣展」開催中で、紗献上八寸名古屋帯が人気です!代表的な献上柄に加え、夏結城や夏の正絹小紋などちょっといい着物にも合いそうな模様も豊富です。お客様によく言われるのは「博多帯がこんなに揃っているのは見たことない」ってこと。増してや夏用の紗献上名古屋帯なんてそうそう揃うものではありません!  浴衣を街着風に着こなしたいときや夏のおしゃれ着に合わせると最高に涼やかで、是非とも取り入れてほしい夏のアイテムなんです。
 まだまだ素敵な柄がいっぱい揃っているので、お近くの皆さん「いと善」まで見に来て下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きもの文化検定初代1級合格者・美しいキモノ2010年夏号に掲載!

 きもの文化検定1級合格者が本日発売された「美しいキモノ2010年夏号」(96ページ〜98ページ)に掲載されました。1級合格者の内2月に行われた祝賀会に参加された30名の皆さんが着物姿で一人一人載せてもらってます。私は1段目の左から3番目。鉄紺のお召し着物、濃紺のお召し羽織、鳶色の袴(博多織)です。皆さんニッコリとても良い表情をされててますね〜happy01。私は堅いですね〜 一応ニッコリしているつもりなんですけどcoldsweats01
 合格者の皆さんは知識だけではなくて、祝賀会にふさわしい装いで(訪問着、色無地、振袖、江戸小紋、お召しなど)、センスの良い着こなしの方が多いと思って見てました。写真が小さくて分かりづらいですが、その辺りも注目してみるとおもしろいと思います。
 祝賀会の様子なども出ているので、「美しいキモノ夏号」を買って見てみて下さいね。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紗献上(八寸名古屋帯)どっさり入荷!

 「夏の博多織と浴衣展」に合わせて紗献上(八寸名古屋帯)がたくさん入荷しました。 やっぱり紗献上は涼やかでいいですねhappy01 。先日入荷した三勝ゆかたや、夏の着物などを色々合わせてみて遊んでます。いやいや研究してます! 意外な発見があったりしてすご〜く楽しいですよ
 今年は気温が低めだし、まだ夏の着物には気持ちが向かないなんて思わないでくださいね。品物がある今が買い時なんです。献上柄の名古屋帯だけでなく、紗の半幅帯、本筑博多半幅帯、からむし織半幅帯など色々あって、コーディネイトの幅がひろがります。
 お近くの方はいと善まで見に来て下さいねhappy01
詳しくはホームページを御覧ください→
105syakenjyou2

105syakenjyou4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

店舗改装 店じまいセール開催!

 店舗改装店じまいセール
  ★同時開催:夏の博多織と浴衣展(21日金〜)
日時:5月19日(水)〜24日(月)午前10時〜午後7時
場所:いと善店内 
店はやめないけど、一部店舗改装を前に「店じまいセール」をします。何十年も店をしていると、先代からの在庫もかなりあるものです。もちろん私たち店の者にとっては大切な財産ですが、この機会に店内をよりすっきりさせたいので、思い切って破格値にするつもりです。
同時に21日(金)より「夏の博多織と浴衣展」を開催します。紗献上名古屋帯は特に必見!
ホームページを参照ください→ 

104annnai2_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

長谷川等伯展行ってきました

 5月9日まで京都国立博物館で開催された「長谷川等伯展」に行ってきました。混雑は予想していましたが、金曜日の8時延長時間帯(通常は6時まで)は少なめだろうという予想は大ハズレ、最後まで大混雑でびっくりです!延長は浸透しているんですね。
 長谷川等伯(1539~1610)は能登七尾(石川県)生まれ、主に仏画て活動ていましたが、30代で上洛(京都へ移り住む)。千利休、豊臣秀吉らから天井絵やふすま絵の依頼を受けるなど、狩野永徳率いる狩野派最大のライバルとなった絵師です。
 同時代の狩野永徳とは違い、等伯の絵は多く現存していて能登(石川県)の絵仏師時代には職人的で緻密な仏画が多く残されていますが、京都時代からは躍動感溢れる芸術的な絵画へと変貌していくのが感じ取れる展示でした。また、歴史書でもお馴染みの「武田信玄像」「千利休像」も長谷川等伯が描いたもので、紙や絵の具の質感まで見て取れるのはオリジナルならではの魅力。 武田信玄像は「以外と小さい!・・・。絵の具が薄くなっててはっきり見えない・・・」などなど。
 そして、日本絵画史上人気No.1といえば「松林図屏風」(国宝)。今回一番の目玉です。間近で生々しい筆さばきを見れるのもひとつの魅力ですが、やはり少し離れて見るものですね!間近で見ると雑に見える筆が、全体を眺めると抜群の効果となってまとまっている感じ。不思議な心地良さがあります。また松林図へ繋がると思われる「竹鶴図屏風」というのも見応えありました!
 3年前から楽しみにしていた「長谷川等伯展」。京都まで行って良かったsign01
着物を見る目も養えたはずhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »