« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

きもので新年会  平成22年1月24日(日)

 今年も「着物で新年会」をにぎやかにさせてもらいました。1次会は東広島市西条駅前の「割烹・掬水」さんの昼御膳で酒宴。参加者16人、ご年代は20代〜80歳まで幅広く、今年は男性の方もご参加下さいました。お酒も入るので、早速和やかな雰囲気に。
 2次会は文化施設の和室を借りて、先ずはお煎茶席で味わい深い茶を頂いた後、アカペラ独唱、日舞、詩舞など腕に覚えのある方に披露して頂きました。俳句をされている方には、短冊を飾っていただいたり、貼り絵をされている方には作品を披露して頂いたり、日頃の芸事を発表する励みにしてもらってます。
 今年のゲームは「百人一首」大会。源平合戦という形式で、チーム対抗戦です。古典的ですけど、百人一首って体がポカポカ熱くなってして楽しいもんですね。下の句まで読んでもらわないと全然わからないんですけどcoldsweats01
 最後は恒例のビンゴゲーム大会。ハズレのないように皆さんに良いものもって帰ってもらいました。
ちょっと今年は盛り込み過ぎたかなという感じもありましたが、着物が大好きな皆さんなので打ち解けるのも早くて、手作りのアットホームな新年会になったかなと思ってますhappy01

Shinnenkai2

Shinnenkai3
Shinnenkai1_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

発熱繊維の着物スリップ「あったかLINE」大好評!

1年でも一番寒いこの時期、あったかLINE着物スリップ(M・Lサイズ6,195円) がよく売れています。旭化成のサーモギアという発熱繊維使用。ベンベルグをベースにしているので、肌ざわりもソフトです。肌着にもこだわって暖かくしてお出かけくださいね。着物でhappy01
「いと善のホームページ」に載せたので見てみて下さい。Attakarain1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年成人式、振袖の傾向(東広島市)

 平成22年1月11日(月)東広島市でも成人式が開催されました。当店のお客様方も華やかな振袖姿で出席され、さぞ引き立ったことでしょうhappy01
 今年もショッピングセンターなどで多くの振袖姿を見かけました。地色は「赤」「パープルや濃い紫」「黒」「白」が多かったと思います。私が見掛けた範囲では水色を見かけなかったので、水色地の振袖は引き立つと思います(染め屋さんも色焼けを恐れて水色は敬遠したがるようですが)。デザインはフラワーフラワーしたライトな感じが殆どで全体的に「09年振袖の傾向」とそれほど変わらない印象なので感想は省略。
 フワフワのフォックスや羽毛ショールは何十年も変わらない定番中の定番ですね。豪華で温かそうです。ホワイトが多いですが、比較的濃いめのグレーも見かけました。そういう中で例えば「ちりめん刺繍ショール」なんて会わせているとひと味違ってて、引き立つと思います。当店でも主に合わせるのはフォックスですが、縮緬(ちりめん)刺繍ショールを合わせることがあります(少し金額が上がりますが)。ちなみに羽毛はお手頃価格ですが毛が抜けてくるので扱っていません。
 成人式は1年で最も華やかな着物姿があふれる日ですから、新成人の皆さん、その周囲の人、たまたま街で見かけた人にも、「着物っていいな」と改めて思ってもらえる大切な日です。そういう中で私としては流行は意識しても、流行に流されないようにして、「きものらしい着物」を広めていきたいです。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世間は狭い!広島交響楽団クリスマスコンサート

 着物とは関係ない話ですが、昨年12月24日に広島交響楽団のクリスマスコンサートに家族4人で行ってきました。ファミリーコンサートなので、楽団員の仮装あり、パフォーマンスありの和やかなものでした。でもやっぱりプロのオーケストラの音は良いものですね。久しぶりのクラシックの生演奏に「オーディオで聴いてるばかりじゃダメだなー」と感じています。
 で、演奏中にとりわけキャラが立っていたヴァイオリニストがいて、演奏しながら隣の奏者とニコニコとアイコンタクトとってたり、終始笑顔でやたら明るいので、すごく印象に残っていたんです。コンサートの後にも妻とその話題になったりして。
 で、話は飛びますが、毎年年末に会う東京在住の友人がいるのですが(19年前、小田原の百貨店勤務の時に知り合った 広島出身)、今年1月2日に彼としゃべっていて私がクラシック好きだという話をしたら、「俺のいとこに広島交響楽団のヴァイオリン奏者がいるよ。山根啓太郎って言うんだ、ホームページ見てみたら」と言うので、ビックリ! あの時の明るいヴァイオリニストと私の友人のキャラクターが急に重なってきて「似ている!annoy」ビビッときたんです。もしかしてあの時の!?・・・   早速調べてみたら、大正解!驚きました。世間は狭いですね。またコンサートに行く楽しみが増えました。
 (山根さんのブログにコメントしました)
 で、やっぱり着物に結び付けますが、毎年、オーストリアのウィーン楽友協会であるウィーンフィルのニューイヤーコンサートでは着物姿の日本人の方を必ず何人も見かけます。気分がいいでしょうね。私も1度でいいからやってみたい!
 なにもウィーンじゃなくても着物でクラシックコンサートなんていいですよ!特に新春は。fuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖かい足袋登場!

 真冬に着物で歩いてて、特に冷たく感じるのは足もとですよね。
すご〜く暖かい足袋が出たというので、早速仕入れて履いてみました。
これはなかなかの優れものですsign01
二重ネルで5枚コハゼなので、 厚みがあって足首までしっかり暖めてくれる感じ。足袋を2枚重ねて履いたくらいの保温性が実感できます。しかも ストレッチ素材なので、履きやすくて動きやすい。まじまじと見るとモコモコした感じはありますが、見た目も特に問題ありません。全体が地厚なので、お茶席など長時間正座する時もクッションになって楽になりそうです。これは本当にお勧めしたい「あったか足袋」です。
「耐久力抜群」と書いてあるので、自分で何度も履いて洗ってみて、耐久性なども確かめたら、またブログでお知らせします(忘れてなかったら)。
商品はいと善で確かめてみてください。

「静電気が起こらない、汗を吸う繊維、ストレッチ素材でアイロン不要、耐久力抜群」
(東レパレル使用/ナイロン100%、底ポリエステル)
S21.5〜22.0㎝ M22.5〜23.0㎝ L23.5〜24.5㎝ LL25.0〜25.5㎝
2,625円(LL2,730円)

Nerutabi3_2

Nerutabi4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »