« 世間は狭い!広島交響楽団クリスマスコンサート | トップページ | 発熱繊維の着物スリップ「あったかLINE」大好評! »

2010年成人式、振袖の傾向(東広島市)

 平成22年1月11日(月)東広島市でも成人式が開催されました。当店のお客様方も華やかな振袖姿で出席され、さぞ引き立ったことでしょうhappy01
 今年もショッピングセンターなどで多くの振袖姿を見かけました。地色は「赤」「パープルや濃い紫」「黒」「白」が多かったと思います。私が見掛けた範囲では水色を見かけなかったので、水色地の振袖は引き立つと思います(染め屋さんも色焼けを恐れて水色は敬遠したがるようですが)。デザインはフラワーフラワーしたライトな感じが殆どで全体的に「09年振袖の傾向」とそれほど変わらない印象なので感想は省略。
 フワフワのフォックスや羽毛ショールは何十年も変わらない定番中の定番ですね。豪華で温かそうです。ホワイトが多いですが、比較的濃いめのグレーも見かけました。そういう中で例えば「ちりめん刺繍ショール」なんて会わせているとひと味違ってて、引き立つと思います。当店でも主に合わせるのはフォックスですが、縮緬(ちりめん)刺繍ショールを合わせることがあります(少し金額が上がりますが)。ちなみに羽毛はお手頃価格ですが毛が抜けてくるので扱っていません。
 成人式は1年で最も華やかな着物姿があふれる日ですから、新成人の皆さん、その周囲の人、たまたま街で見かけた人にも、「着物っていいな」と改めて思ってもらえる大切な日です。そういう中で私としては流行は意識しても、流行に流されないようにして、「きものらしい着物」を広めていきたいです。
 

|

« 世間は狭い!広島交響楽団クリスマスコンサート | トップページ | 発熱繊維の着物スリップ「あったかLINE」大好評! »

呉服屋の日々の仕事」カテゴリの記事

コメント

小袖庵さま 新年おめでとうございます。ご挨拶が遅れました!
成人式、遠い昔になりましたが、振袖の細かい模様や色は別として相変わらず豪華絢爛が主流ですね。
今私が二十歳だったら、髪も日本髪にすっきりまとめてもらい、飾りは少なめ、ショールは縮緬にしますね。帯締め襟元の重ね衿もいたずらに豪華風にしないですっきり上品な可愛らしさに仕上げてもらいます。そんな風に装ったら目立つでしょうね。女の子は男の子よりもう幼児のころから一人が何かをするとすぐ真似をして同じにする傾向がある、と幼児教室でききました。みんなと同じだと安心なのでしょうね。とにもかくにも一日だけの仮装行列気分でなく、長く着物を若い人たちにも愛して欲しいものだと思っています。
新年から苦言を呈してしまいました!
今年もどうぞよろしくお願い致します。

投稿: まあまちゃん | 2010年1月13日 (水) 16時44分

まあまちゃん
 新年あけましておめでとうございます。年初から貴重なコメントありがとうございます。振袖も今は引き算すると以外と引き立つかもしれませんね。実際、振袖の地色がグレーベースで模様も訪問着かと思うほど控えめ、帯もお淡い朱色ベース(金箔)で控えめな柄なんだけど、変わり結びで華やかさが充分感じられる着こなしの方をお一人見かけましたが、「オッ!なかなかおもしろい!」と思いました。品物が良さそうだったのもあるのですが。
 やはり華やかな中にもオリジナリティーのある振袖の着こなしを見てみたいですね。

投稿: 小袖庵 | 2010年1月13日 (水) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223007/47283791

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年成人式、振袖の傾向(東広島市):

« 世間は狭い!広島交響楽団クリスマスコンサート | トップページ | 発熱繊維の着物スリップ「あったかLINE」大好評! »