« 博多織を楽しむ会 大反響! | トップページ | 着物ひとすじ20年 »

博多織り 手織りの魅力!

昨日「博多織を楽しむ会」大好評で終了しました。
多くの皆さんに博多織りを体験してもらいましたが、面白かったのは、織り手が変わるとそこで境目の様に横スジができて分かるんです。力加減などそれぞれ違うんですね。トン・・トントントンのリズムで織るのですが、その間にいくつかの作業を瞬時にこなしていることも分かりました。
私の小学生の娘も真剣なまなざしで延々と織ってました。「お客さんと代われよ!」という感じで申し訳なかったですけどcoldsweats01
 献上博多八寸名古屋帯の商品を価格で比べると機械織り39,800円、手織り298,000円など、かなりの開きがあるのですが、実際に触ってみると、その差は歴然!手織りにはしなやかさがあって、仕上がりもうねってなくて奇麗です。手織りなら経糸の本数を多くして密にできるし、1畝となる横糸の本数も多く入れられるようです(記憶があいまい?)。高速の機械だと糸が切れやすくなるなど、細かなことは無理で、どうしても堅くなります。
 今回機織りをしてくれた、小林さんに話を聞いてみると、なるほどなと思います。1本の帯は大体3日間で集中して織り上げるそうですが、気持ちの起伏、湿度の変化、座布団の高さを替えても横段が出来るので、物理的にも精神的にも一定で織らないといけない気の抜けない作業。ある男性の職人さんの話ですが、朝 夫婦喧嘩になりそうになった時は、サッとかわして家を出るんだそうです。また、トン・・トントントン(織り手によって多少違うらしい)の一定のリズムで織るので、間違っても音楽を聞きながら作業するなんてことはありません。それから博多織の熟練した職人さんは皆さん温厚な方だそうです。機織りが人間を大きくするんでしょうか。なんだか修行僧のようですね!
 現在博多織の職人さんは高齢化が進んでいて、危機感を抱いた業界が「博多織デベロップメントカレッジ」(学長は人間国宝の小川規三郎氏)を10年限定で開設中で、小林さんはその卒業生。熟練者とカレッジ世代の間(数十年間)の世代がごっそり抜けているそうです。カレッジ出身の皆さんが熟練者のような、しなやかな風合いを出せるようになるには、まだまだ相当の経験が必要とのことですが、「博多織物」の未来はこの若い世代に掛かっています。
 カレッジ世代の皆さんが一生の職業として続けていける為には、きものファンの皆さんに博多織りの魅力をちゃんと知って頂いて、ちゃんとした価格で買っていただかないといけないですねhappy01

 呉服屋が言うと、なんか・・なんか・・・ですか?・・・coldsweats01

|

« 博多織を楽しむ会 大反響! | トップページ | 着物ひとすじ20年 »

着物お役立ち情報」カテゴリの記事

コメント

小袖庵さま
呉服屋がいうとなんか・・なんか・・、とおっしゃっているので、私が代わりに言わせていただきます。博多織のみならず、いわゆる手織り手作りの本物は実際に作っていらっしゃる工程を知ると、高い!なんていえなくなります。(買えるかどうかは別として)そして本物を知ると本物が欲しくなります。もちろん身のほど知らずのお値段のものはどうやっても無理ですが、近頃は数を減らしても本物を、と決め、厳選して手に入れるようにしています。私が小林さんの帯を手に入れたときのお値段は税込み241500から315000円まででしたが、これは小川先生の作品の半分から三分の一のお値段でした。(問屋さんを通していないカレッジ直のお値段です)新人さんたちの作品とはいえ、小川先生が舌を巻くほどのできばえ!私の帯などは経糸が8000本、使われ、先生がわあ、材料費が上がる!とびくびくなさるほどの色糸使い、と小林さん得意のぼかし模様入り。お高い買い物では決してありませんでした。ご本人は謙遜なさっていらっしゃいますが、卒業生の3本の指には入る方でしょう。そういう方たちが伸びていってくださるよう、私たち消費者は適正な値段を知り、価格破壊が起きないように見守って行きたいものです。

投稿: まあまちゃん | 2009年10月26日 (月) 20時49分

早速コメントありがとうございます。
 「近頃は数を減らしても本物を、と決め、厳選して手に入れるようにしています」というお考え、まさにその通りだと思います。
 伝統工芸!伝統工芸!と言ってもユーザーあっての伝統工芸ですから、確かな目を持った着用者の消費文化も立派な伝統文化です。

投稿: 小袖庵 | 2009年10月27日 (火) 10時32分

小袖庵さま
きもの文化検定1級を受けて来ましたにコメントさせて頂いた ただの着物好きの主婦です。
昨年博多織りの紋八寸名古屋帯を購入しました。
今までにも献上柄は持っていたのですが、
紋織りを目にして気に入ってしまい、到底一度に払える金額では無かったので、さんざん悩んで購入しました。

伝統工芸品と博多織工業組合の証紙と山縣浩司さんという織り手のお名前が有りましたが、どのような方かも解らずに購入しました。

私にとっては高価な買い物でしたので、大切にしたいと思っています。

投稿: | 2009年11月 1日 (日) 01時28分

こんにちは。アミティーのハーブです。
この間はありがとうございました。
朝一にお邪魔してそれにいつもひやかしで申し訳ないです。
でも、機織の体験させていただいて嬉しかったです!
一度やってみたかったから。。♪
どんなに手間隙かけて作っているのか!
作品の影にかくれた時間と苦労ははかりしれません。
それは価格に繋がっているのではないでしょうか!?
わかっているのですがねぇ。。
また、お邪魔しますので宜しくお願いします。
それからリンクさせて頂いても宜しいでしょうか?
宜しくお願いいたします。


投稿: ハーブ | 2009年11月 1日 (日) 16時39分

”きもの文化検定1級を受けて来た着物好きの主婦”さん、コメントありがとうございました。
「山縣浩司」氏というのは伝統工芸士のようですね。
手織りの良いものなのでしょう。1級の勉強をされているので、その良さがよくわかると思います。大切に(大切にし過ぎてしまい込まない様にhappy01)使ってくださいね。

投稿: 小袖庵 | 2009年11月 2日 (月) 09時44分

 アミティーさんコメントありがとうございます。「ハーブさん」なんですね!
お陰さまであの後、多くの来場の皆さんに機織り体験楽しんでもらいました。いつもの展示会とはまた違った雰囲気で喜んでいただけて良かったです。
 アミティーさんのメールで「新広島テレビの「満点ママ」でアミティーが紹介されます。4日(水曜日)の10時からの放送です。」とのこと、オリジナリティーが人気を呼んでいるんですねsign03
あさって10時ぜひ見させてもらいます。

リンクは大歓迎です!happy01

投稿: 小袖庵 | 2009年11月 2日 (月) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223007/46587604

この記事へのトラックバック一覧です: 博多織り 手織りの魅力!:

« 博多織を楽しむ会 大反響! | トップページ | 着物ひとすじ20年 »