« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

博多織り 手織りの魅力!

昨日「博多織を楽しむ会」大好評で終了しました。
多くの皆さんに博多織りを体験してもらいましたが、面白かったのは、織り手が変わるとそこで境目の様に横スジができて分かるんです。力加減などそれぞれ違うんですね。トン・・トントントンのリズムで織るのですが、その間にいくつかの作業を瞬時にこなしていることも分かりました。
私の小学生の娘も真剣なまなざしで延々と織ってました。「お客さんと代われよ!」という感じで申し訳なかったですけどcoldsweats01
 献上博多八寸名古屋帯の商品を価格で比べると機械織り39,800円、手織り298,000円など、かなりの開きがあるのですが、実際に触ってみると、その差は歴然!手織りにはしなやかさがあって、仕上がりもうねってなくて奇麗です。手織りなら経糸の本数を多くして密にできるし、1畝となる横糸の本数も多く入れられるようです(記憶があいまい?)。高速の機械だと糸が切れやすくなるなど、細かなことは無理で、どうしても堅くなります。
 今回機織りをしてくれた、小林さんに話を聞いてみると、なるほどなと思います。1本の帯は大体3日間で集中して織り上げるそうですが、気持ちの起伏、湿度の変化、座布団の高さを替えても横段が出来るので、物理的にも精神的にも一定で織らないといけない気の抜けない作業。ある男性の職人さんの話ですが、朝 夫婦喧嘩になりそうになった時は、サッとかわして家を出るんだそうです。また、トン・・トントントン(織り手によって多少違うらしい)の一定のリズムで織るので、間違っても音楽を聞きながら作業するなんてことはありません。それから博多織の熟練した職人さんは皆さん温厚な方だそうです。機織りが人間を大きくするんでしょうか。なんだか修行僧のようですね!
 現在博多織の職人さんは高齢化が進んでいて、危機感を抱いた業界が「博多織デベロップメントカレッジ」(学長は人間国宝の小川規三郎氏)を10年限定で開設中で、小林さんはその卒業生。熟練者とカレッジ世代の間(数十年間)の世代がごっそり抜けているそうです。カレッジ出身の皆さんが熟練者のような、しなやかな風合いを出せるようになるには、まだまだ相当の経験が必要とのことですが、「博多織物」の未来はこの若い世代に掛かっています。
 カレッジ世代の皆さんが一生の職業として続けていける為には、きものファンの皆さんに博多織りの魅力をちゃんと知って頂いて、ちゃんとした価格で買っていただかないといけないですねhappy01

 呉服屋が言うと、なんか・・なんか・・・ですか?・・・coldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

博多織を楽しむ会 大反響!

 今日 明日、「博多織りを楽しむ会」をしています。今日は想像以上の大反響で、食事をする間も無いくらいたくさんの皆さんに来て頂きました。機織りを実演してくださる小林顕子さんは、若くてとても感じの良い方で、博多織り以外の織物にも大変詳しいので、何でも質問に答えてくれます。
 知ってる方もおられると思いますが、今年2月にNHK総合(全国放送)で「博多はたおと」というドラマが合ったんですが、これがいいドラマなんです!。この撮影に強力したのが今回来てもらってる「西村織物」さんで、小林さんはストーリーの中心となる「桔梗柄の八寸名古屋帯」を織った方なんです。その辺りのお話も面白いですよ。
 来場された皆さんは殆どの方が機織りを体験されて、リズムや力加減を実感しながら楽しまれてました。私も織ってみたかったんですが、そんな暇なかったです。
 商品は小袋帯(半幅帯のことで、浴衣、小紋、紬など気軽な着物に合わせる)が一番人気。お手頃だし。大きな声では言わないけれど掘り出し物もあるし!
お買い物されなくたって充分楽しいですよ。明日5時までしているので、来てみて下さいねhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

博多織の機を店内に設置しました

明日からの「博多織を楽しむ会」のために、本場から機を持ってきてもらいました。プロの職人さんの実演あります。体験も出来ます(混んでなければ)。博多織には人間国宝がいるくらいで、織る人によって仕上がりが違うんですね。その理由知りたいでしょ!お近くの方は是非寄ってみて下さい。遠方からも大歓迎! 気兼ねなく入ってける様に、いと善店内1階に機を設置しているので、オープンな雰囲気です。
 商品はスゴく豊富で半幅帯、八寸名古屋帯、九寸名古屋帯、袋帯、御召し、江戸小紋、和小物など満載。模様はお洒落な献上柄はもちろんですが、小紋、色無地、訪問着などにも合う図柄も豊富です。浴衣に合わせたい半幅帯や紗献上もこんなにセンスの良いのが揃ってるんだ!と、わくわくしてきますよ。また、西村織物で最近織られるようになった御召しもお値段手頃で素敵なデザインです。博多は全てにおいてお値段手頃なんですけどね。もちろんお買い物されなくても、楽しかった〜と思っていただけるので、着物好きの皆さん、見てみないと損ですよsign03happy01

Hakatahata

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶道文化検定 今年は断念して、私は正解でした(平成21年)

 茶道文化検定、今年は11月29日にあります。昨年3級を受けたので、一気に2級も頑張ろうと思っていたのですが、着物の展示会がその日しか取れなくて、断念してます。とても残念でしたが、今思えば申し込まなくて良かったです。
「きもの文化検定1級」で燃え尽きましたwobbly。模擬問題を見て正直これほど難しいと思ってなかったので、2ヶ月間暇を見つけては勉強してました。この後続けて猛勉強はキツかったです。仕事にも影響するでしょう。仕事と言えば、あさってから自分の店で「博多織を楽しむ会」を控えているし、11月28日〜30日は「西陣御召しと西陣帯展」を予定しています。これに勉強が加わったら、私の脳内CPUはパニックです。ちなみに私 決して検定オタクじゃないですよcoldsweats01!必要なことしかしてないです。
 以前のブログでも書きましたが、茶道文化検定1,2級向けのテキストは3,4級に比べて格段にボリュームがあって、覚えることもたくさんあります。これだけ覚えれば相当役にたつと思うので、1年掛けてゆっくり読んでいきたいです。きっと!?・・・。茶道検定については、さすがに1級は目指さないですけど。
 受験するつもりで申し込んでいた事前講習会(広島)・テーマ「茶と禅」「茶席の花」には行きますよ。楽しみにしてますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きもの文化検定1級受けてきました(平成21年)

 きもの文化検定1級(09年)、昨日岡山で受けてきました。岡山会場は40人くらいだったでしょうか。全国で受験された皆さん本当にお疲れさ様でした。私もグッタリです。
 1級を受けてみての収穫はテキスト、推薦図書、その他の書籍を読み込んで、たくさん知識を得られたことです。普段着物に関する本を読んでいても、1つ1つ単語を覚えながら読むなんてことないですから。早速仕事に役立っているので、これが収穫です。1ヶ月もすれば覚えたことがあやふやになってしまうのが悔しいですけど。

今回はいつになく多くのコメントを寄せて頂いているので、コメントも開いてみて下さい。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

きもの文化検定 2級はレベルアップ(平成21年)

きもの文化検定2級を今年受けられる方、今年は去年よりもかなり難しくなっていると思います。去年の問題は簡単だったので合格率もかなり高かったのですが、これを基準にすると危険です。今年、希望者だけに販売された2級1級の模擬問題で2級向けの問題をしてみましたが、内容もレベルアップしているし、漢字で書かせる問題が結構ありました。主要な用語は漢字で書ける様にしておいた方が良いです。
ちなみに阿波藍の「すくも」も漢字で書くように指定されていました。「すくも」は私のPCでは変換出来ないような漢字なのですが、着物の世界では重要な用語です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »