« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

着物で浅草散策

 KaminarimonAsakusa3AsakusaAsakusa2
銀座の次は地下鉄銀座線に乗って稲荷町に下車、宿泊予定の上野チサンホテルに荷物を預けて再び銀座線で浅草へ。雷門をくぐって仲見世通りへ。火曜日なのに観光客でとっても賑わっていました。色んな店がずらっと並んでいましたが、土産物ばかりが目につて、欲しいものはなかったです。中には珊瑚製品の高級な店もあったり、昔はこういう店もたくさんあったのかなと想像します。さらに浅草らしい面白い店はないかなと思い、伝法院通りへ。伝統的な黄楊櫛(つげぐし)が目についたので寄ってみました。昔ながらの黄楊櫛って華やかさはないけど着物姿によく映えて「これぞ日本の美。いいな〜!」って感じです。店の方にも親切に説明していただいて衝動買いしようかなとも思ったけど、やっぱり良いものは安くないので断念。こめんなさい。その後、宝蔵門をくぐって、浅草寺にお参りしてきました。
 浅草はやっぱり日本の風情のある街。きものがよく似合います。外国人の観光客も多くて、私たちが着物姿で歩いていると一緒に写真に入ってと頼まれたりしました。浅草観光の海外PRにも一役かったかも。
 仕上げはやっぱり日本そば。「尾張屋」というお蕎麦屋さんで天そばと親子丼をいただきました。もちろん美味しかったですよ。
Asakusasoba

Asakusakobann
浅草仲見世通りでは「平成浅草小判」を土産に買いました。期間限定で実際にこの通りで使える小判っていうのがおもしろいですよね。
参照: 浅草仲見世 ホームページ「平成浅草小判の賑わい」へ→
10月1日(水)〜11月25日(火)
場所:奥山風景・仲見世 平成小判(一両:¥300)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物で銀座を散策

Ginza_2

 10月21日大琳派展の特別鑑賞会参加のため、東京に夫婦で着物で行ったので銀座、浅草を巡ってきました。
 朝9時30分の広島発 全日空機→羽田着→モノレールで浜松町→JR山手線で新橋   ここから宿泊予定の上野チサンホテルまでは銀座線で1本なのですが、せっかくなので新橋ー銀座間は地下鉄に乗らず、銀座中央通り辺りを散策しました。着物姿2人でキャリーバッグをゴロゴロさせながら歩いていると、とても目立ったでしょうね。途中たまたま見かけた呉服屋さんを1件覗いてみましたが、和雑貨が置いてあったり、古そうな什器が使ってあったり、以外と庶民的な雰囲気の店で、古き良き銀座の雰囲気を少し残しているのかなという感じ。銀座のきもの屋さんというと「すっきりお洒落な雰囲気で高級感を漂わせている」というイメージがありますが、そこはとても入り易そうなお店でした。色々なんですね。
 銀座と言えば「銀座和光」。この前で着物姿を1枚おさめておこう思ったのですが、何と!改装中らしく、外壁が工事用に覆われていて、あの大時計も見えず残念! 一応撮って来たのが上の1写真。なんだかよくわからないですね。
 本当はもっと銀座らしい店を巡ってみたかったのですが、時間もあまりないことだし、すぐに銀座駅から地下鉄銀座線に乗って浅草方面へ向かいました。
「きもので浅草散策」は次のブログで。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

きもの文化検定2級 回答速報 自己採点(平成20年)

 昨日行われた「きもの文化検定2級」 回答速報が出たので、早速自己採点してみました。
結果は93点 もうちょっと良いかなと思っていたんだけど・・・ちょっと悔しい! 

 完全にお手上げの問題があって、ここでことごとく落としてしまいました。紹介しましょう。こんな超レアな問題分かった人いるんですか? ひょっとして「公式受験対策セミナー」に参加した人には講義していたとか?  
問12 皇太子と雅子様の結婚の儀の衣裳について。
 皇太子様は( ア)の束帯、雅子様はおすべらかしに十二単でした。皇太子様のほうの色は、光いまだ出ざる程の暁の色、御紋は( イ)で、雅子様は(ウ)の鮮やかな緑色の(エ)の唐衣、長袴は濃紫、既婚女性の長袴の色は(オ)
[語群より選ぶ] 1、黄円のほう 2、亀甲に雲 3、?に霰 4、緋 5、二陪織物  6、白の?に梔子 7、?に鴛鴦 8、小葵地 9、??の丸
 (??の部分は読み方すら分からない漢字です。よけい分からなくてすいません)
ここで4問間違えてしまいました。 
どうしてこんなに極端に専門的な問題が突然出てくるのか不思議です。

その他間違えたのは
問16:帯の素材と着用時期についての問題。6月〜9月通して着用できる帯の素材。答には紗献上を選んだのですが、答えは「絽」だそうです。 

問25 腰紐でおはしょりをするようになった時期 
      (  )時代中期以降   
  「江戸」と入れてしまいましたが、「明治」時代でした。 江戸時代におはしょりのような習慣は徐々に生まれてきたのですが、腰紐を使ってとあるのでやはり明治なのでしょうか。

あと一つは単なる問題の読み損ね。 
問24 藍染めの染色方法は藍の葉をそのまま使う(ア)と藍の葉を発酵させた(イ)を使って染める「灰汁発酵建」の2通り
 アは生葉染めでOKでしたが、イは早合点して「灰汁発酵建」と書いてしまいました。答えは「すくも」 
すぐ後ろに同じ言葉が書いてあるのに、おっちょこちょいでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きもので「きもの文化検定」へ  

 10月26日(日)着物で「きもの文化検定」受けてきました。広島会場がないので、今年も東広島から岡山まで3時間程度かけてのミニ旅です。行きはあいにく雨でしたが、検定が終わった頃には雨も上がって助かりました。会場には試験1時間前に着いたのですが、既に多くの方が来られてて熱心にテキストの最終チェックをされていました。私が今年受験したのは2級なので受験者は40人程度と少なめ。そして何故か男性は私1人だけでした。女性の方がこういう事には熱心なのかもしれないですね。着物姿の方は私を含めて8人程度(五分の一)でちょっと少ないかなと思いましたが、雨だったので断念された方も多かったのでしょう。  
 試験問題については次のブログで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きもの文化検定 2級 3級 受けてきました(平成20年)

 きもの文化検定  夫婦で受けてきました。私は2級、妻は3級。
感想 : 2級は予想していたよりも大分簡単でした。昨年の3級よりも簡単だったと思います。難易度があるとすれば半分が筆記だったということくらいですが、ひねってあったり、重箱の隅をつついたような問題もなかったという印象(1問を除いて)。全体的に要点を押さえた問題でした。2級の受験者は 昨年の難しい3級をクリアされた方々なので,殆ど合格されるのではないでしょうか。
ただ1カ所だけ「絶対分かるわけない!」不思議な問題があったのでこれには悩まされました。後日紹介します。
 3級の問題も帰りの電車で妻に見せてもらいましたが、昨年よりは簡単だったと思います。昨年の3級の難しさには皆さん驚かれていたので、その辺りも考慮されたのかもしれませんね。
詳しいことは追々にこのブログで書いてみようと思います。
Kimonokentei

着物で検定に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物で銀座、浅草、琳派展 

浅草 
Asakusa


東京国立博物館平成館
Rinpatenkimono

一昨日から2日間東京出張してきました。主な目的は、「大琳派展 特別鑑賞会」(美しいきもの、婦人画報共同企画)。着物でペアでの出席が条件だったので、夫婦揃って着物で参加してきました。鑑賞会は午後5時〜で時間がたっぷりあったので銀座、浅草を着物でぶらぶらと歩いてきました。やっぱり着物が似合う風情が残っていて本当に楽しかったです。写真もいっぱい撮ったし、きものウォッチングもして色んな感想があるので、その様子は少しずつブログやホームページにまとめていこうと思います。
 10月はとても忙しいスケジュールで、26日にある「きもの文化検定」の勉強があまり進んでないため、あと3日はこちらに集中します。
 「きもので琳派展、銀座、浅草」「きもの文化検定」「酒まつり大奥衣裳展示」などなど、ブログで書きたいことがいっぱいあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディズニーリゾート 行ってきました

13日(月)〜15日(水)まで子供の秋休みを利用してディズニーリゾートへ行ってきました。 平日と思って14(火)ディズニーランド、15(日)ディズニーシーと行ったのですが、14日は大混雑でしかも午後からずっと雨、夜のパレードが中止と、なかなか大変でした。雨だし夕方以降は空いてくるかなと思ったけど、やっぱり空く気配はなく驚きです。全国的には秋休みや、運動会の振替休日などで、この日を狙ってくる人は多いのかもしれませんね。
 15日のディズニーシーは程々の天候に恵まれて、しかも大混雑ではなかったので、主だったアトラクションには乗れたし、海のショーも見れたし、比較的充実してました。ショーは期待以上のもので、「見てよかった〜」という感じです。 それにしても「子供の為に」と思って親はアトラクションのパスを取るのに奔走したり、スケジュールを臨機応変に考えたり、子供はそれになかなか従わなかったり、遊ぶ為になんでこんなに苦労しないといけないの?・・・って思いますが、子供たちもそれなりに喜んでくれていたし、無事に時間通りに帰れて良かったです。
 夢の世界はあっと言う間に過ぎ、今日からまた呉服屋がんばります!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「大奥」打掛ディスプレイ

今日は酒まつり初日。大勢の方々にご来店頂きました。映画「大奥」で主演女優着用の打掛を展示しているので、とても喜んで見て行かれています。着せ付けでは映画「大奥」風に色無地に袋帯を文庫に結んで、帯〆、帯揚をしていまが、実際はこの時代にはこのように太い巾の帯も、帯締、帯揚もないので、現代的アレンジということになります。

Uchikake1
Uchikake2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒まつり 大奥打掛のディスプレイ

いよいよ今度の土日は「酒まつり」東広島市西条駅周辺。いと善でも準備はほぼ整いました。
1,「大奥」映画意匠展示。「大奥絢爛きもの図鑑」 フジテレビ出版 の中でも紹介されている仲間由紀恵さん着用の桜唐織の打掛です。
2、手織り備後絣(びんごがすり)の展示
3、お祭り限定の均一ワゴンセール(反物、プレタゆかた、和装小物2000円均一、 かわいい京小物300円均一)

 大奥の打掛は着物用トルソー(≒人形)に掛けることにしました。長襦袢、色無地を着せて帯を文庫に結んで、打掛を掛けることで、よりイメージに近付けてみました。「大奥絢爛きもの図鑑」と一緒に展示しているので分かり易いと思います。是非見に来て下さいね。
Shitaji

写真は打掛を掛ける前の下地です。着物はおはしょりを取らすそのまま裾に下ろして、帯を文庫に結んでいます。
打掛姿の写真はまた改めてアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒祭り出展打掛変更のお知らせ  

 詳しくは「いと善ホームページ」へ
酒祭り10月11日(土)、12日(日)の時にいと善店内で展示する「大奥」衣裳が変更になりました。直前になって大変申しわけございません。
 映画「大奥」の主役・絵島を演じた仲間由紀恵さん着用の「桜華文打掛」となります。菅野美穂さん演じる天璋院の打掛を予約して宣伝していたのですが、レンタルを取り次いでくれた方の手違いというか、気を回してくれて映画衣裳の方にになってしまったという経緯です。「気を回してくれて」というのは、実は映画大奥の衣裳は「大奥絢爛きもの図鑑」フジテレビ出版という本にも載っていて、比較的新しいこともあり、借りるのが大変だったので映画衣裳は諦めて、テレビドラマの衣裳にしていたのですが、直前になって急きょ「気を回してくれて」映画衣裳を回してくれることになったという経緯です。今年はNHKの大河ドラマ「篤姫」人気で丁度いいと思って宣伝もしていたので、困ったなという感じです。天璋院役の打掛を楽しみにしていて下さった方には申し訳なく思っております。
 ただ、今回お借りした打掛の方が手間が掛かって見栄えがするとのことですし、「大奥絢爛きもの図鑑」の26ページにしっかり載っている打掛そのものですから、とっても分かり易いし話題性は高いと思います。是非いと善まで見に来て下さい。Oookuhon


大奥〜絢爛きもの図鑑〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大琳派展 特別鑑賞会『美しいきもの、婦人画報共同企画』 行ってきます

 大琳派展(東京国立博物館)特別鑑賞会『美しいきもの、婦人画報共同企画』に当選しました。(詳しくは「美しいきもの秋号」136ページ参照)
10月21日に閉館後の会場を借り切っての鑑賞会で女優の真野響子さんのお話や、作品解説があります。美術書でしか見た事のないあの作品の数々が目の前で見れるなんて今から楽しみです! 2人1組で着物での参加が条件となっているので夫婦で着物で行ってきます。広島から東京まで2人で行くことになり、しかも平日で「小学生の子供はどうするの?」ということで、正直「当選したけど困ったな〜」という複雑な感じでしたが、なかなかあるチャンスではないので、子供は母にお願いすることにしました。〜わがまま言ってごめんなさい〜
 おそらく大琳派展は琳派の代表的な作品が一堂に揃うので普通に行けば大混雑の中で見ることになると思うのですが、特別鑑賞会ではじっくり鑑賞する事ができると期待しています。琳派は着物と切っても切れない分野ですし、解説もしっかり聞いてきます。鑑賞会についてはブログやいと善の着物新聞「小袖通信」でも報告しますね。
大琳派展(東京国立博物館)公式ホームページ

ブログ内関連記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小紋(仕立上り税込21000円・洗えるポリエステル)酒まつりまで多数出品

「市田ひろみ好み 小紋」 
  「酒まつり」10月11日(土),12日(日) まで、いと善店内に多数揃えています。 
happy0121,000円(袷仕立込、税込)happy01全部込みの価格なんてスゴいでしょ!
モダン、アンティーク、古典 様々なデザインの小紋を約20反揃えました。お好きな柄を選んで、あなたの体型に合わせてセミオーダーで仕立てます。
八掛(裾や袖口から見える裏地)も小紋に合わせて色見本から選んで下さい。
素材:ポリエステル 〜 もちろん水洗いできます〜
仕立:袷仕立(単衣仕立て、二部式仕立ても可能)
セミオーダー寸法:身長と体型により5段階の寸法の中から選んでお仕立てします。
Ichidakonomi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和裁教室

 昨日は3回目の和裁教室でした。殆ど縫い物をしたことのない私がいきなり浴衣に挑戦しているわけですから、大変です。2回目でヘラ付け(印つけ)までしたので、3回目は背縫い、揚げ縫い、脇縫いという段取りだったようですが、運針がうまくいかず背縫いのみに終わってしまいました。端から3分(約11㍉)と1分のところを2回真っすぐ縫わなければいけないのですが、これがなかなか大変。 
 はっきり言ってひどい縫い目ですが、何とか縫って、きせを掛けて(縫い目の少し内側でぬいしろを折ってアイロンをかける)裏返してみると、それっぽくなっているのに感動しました。
針を使って糸留する方法も分かって、これも感動! (基本だろって言われそうですが)
 道のりは果てしなく長そうですが、一つ一つ着物っぽくなって行くのに感動を覚えながら頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »