« きもの文化検定 3級問題 「時代に関する問」に注意(平成20年) | トップページ | 着物でオペラ 東広島 »

和裁の講習 (呉服屋修行)

 今日から和裁の講習を受け始めています。前々から私と家内2人で和裁を習ってみたいと思って調べていたのですが、地元の東広島市には和裁教室のようなものがなくて、月日が過ぎてしまっていました。最近、和裁学校で勉強された若い和裁士さんが自宅で仕立をしていると聞いたので、お願いして来て頂くことにしました。
 教材は浴衣。先ずは蒸気アイロンで生地を整え、生地を見積もって、柄の配置を考えて、裁ち切り、印付けまでしました。予想以上に時間が掛かりましたが、今まで疑問に思っていたことが分かったり、なかなか面白かったです。
 この先は縫うのが中心になるのだと思いますが、運針もろくにできない私は苦戦しそうです。「運針の猛練習が必要だ・・・」。でも頑張って浴衣1枚仕立てますよ!


Wasaitumori


写真は柄の配置を考えているところ。

|

« きもの文化検定 3級問題 「時代に関する問」に注意(平成20年) | トップページ | 着物でオペラ 東広島 »

呉服屋の日々の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223007/42444995

この記事へのトラックバック一覧です: 和裁の講習 (呉服屋修行):

« きもの文化検定 3級問題 「時代に関する問」に注意(平成20年) | トップページ | 着物でオペラ 東広島 »